本文へジャンプ

Hitachi

エンタープライズサーバ AP8800E

自治体向け印刷受託業務の多様なニーズに応えるため各種プリンタ連携を見据えた柔軟な出力環境を構築

【課題】
株式会社 ジーシーシーでは、自治体向け大量印刷受託業務の拡大を図るにあたり、これまで通りの信頼性・可用性を維持しつつ、用紙対応力に優れた出力環境を構築する必要があった。


【解決】
日立の協力のもと、幅広い用紙に対応可能なキヤノンのオープンプリンタと、日立の「AP8800E」を導入。多様な用紙ニーズに対応する環境を整備。


【効果】
一段と多様化する自治体ニーズに応えていくことが期待できるようになり、日立の統合システム運用管理「JP1」や「仮想MTL(磁気テープライブラリ)」などによる運用効率化にも成功。

大量印刷受託業務を支えるプリント業務システムを刷新

写真:株式会社 ジーシーシー データセンター 部長 堀江 啓一氏
株式会社 ジーシーシー
データセンター
部長
堀江 啓一氏

「地方公共団体の行政効率向上による地域社会への貢献」を事業目的として掲げ、半世紀以上にわたり地方自治体や公共団体向けICTサービスを展開してきたジーシーシー。自治体ERPパッケージシステム「e-SUITE」が数多くの市区町村で採用されるなど、現在もビジネス規模を着実に拡大している。
さらに同社では、大量印刷受託業務を支えるプリント業務システムの刷新に着手した。
「当社では、納税通知書や選挙時における投票所入場券など、自治体が発行する多様な文書の印刷や封入封かん、デリバリー業務を受託しています。近年では、こうした用途に圧着紙やラベル紙、プラスチックカードなど、幅広い用紙が用いられるようになったため、プリント業務システムにもより高い用紙対応力が求められるようになってきました」と堀江氏は説明する。

各種プリンタとの連携を見据え日立の「AP8800E」を導入

写真:株式会社 ジーシーシー ータセンター運用1G 担当課長 飯塚 隆氏
株式会社 ジーシーシー
データセンター運用1G
担当課長
飯塚 隆氏

多様な用紙ニーズに応えるために、日立の協力のもと導入されたのが、キヤノンマーケ ティングジャパングループが販売するオープンプリンタ「Oce VarioStream 7110」と、日立のエンタープライズサーバ「AP8800E」だ。
元々同社では、自治体向けサービスに求められる高い信頼性・可用性を備えているとの理由から、長年にわたり日立のメインフレームをプリントシステムに活用。加速する需要増大に対応すべく、レンタル方式を採用して定期的に最新機種へ更新。これに幅広い用紙に対応可能なフラッシュ定着方式を採用したオープンプリンタと今後組み合わせることで、一段と多様化する自治体ニーズに応えていくことが期待できる。
「ここで問題になったのが、システム構築をいかにスムーズに進めるかという点です。新しいプリンタを別のベンダーから導入したのでは、その後の運用保守が煩雑になってしまう。しかし、日立が他社製プリンタも含めてワンストップでサポートしていただけるとのことでしたので、安心して構築に取り組めました」と飯塚氏は当時を振り返る。
今回構築されたプリントシステムは、従来から活用していた日立製チャネル高速プリンタとオープン高速プリンタ「H-6C17」に加えて、新たに導入した日立製オープンラインプリンタとOce VarioStreamで構成。さらに日立の「PRINT DATA EXCHANGE」などのミドルウェアを組み合わせることで、適用業務や用紙の種類に応じて、柔軟に出力先のプリンタを選べるようにしている。
「当社のデータセンターでは、e-SUITEのハウジングも受託していますが、これらの印刷業務についても同じプリントシステムで行っています。メインフレーム系とオープンシステム系の出力環境を2017年1月には一部統合する予定であり、運用管理の効率化とコスト削減が図れる」と長谷川氏は評価する。
日立の構築支援や運用保守についても期待通りだったとのこと。
「新プリンタの導入によって運用が変わるようなことがあると、現場の業務にも支障をきたしてしまうおそれがあります。その点、日立から当社の運用を十分に考慮した環境を提案していただけましたので、最適な業務環境を実現できました。他社製プリンタに関する問い合わせや運用保守にも一括で対応してもらえますので、非常に助かっています」と福田氏は続ける。

VOS3関連の多彩な機能が運用管理の効率化に貢献

写真:株式会社 ジーシーシー データセンター運用1G 課長代理 長谷川 浩一氏
株式会社 ジーシーシー
データセンター運用1G
課長代理
長谷川 浩一氏

VOS3関連の多彩な機能も、大量印刷受託業務の改善に大きく貢献。まずMTLのエミュレーションを行う「仮想MTL」を活用することで、CMT(磁気テープ)業務の大幅な省力化に成功。従来はバッチ業務やバックアップ業務に大量のCMTを利用していたが、仮想MTLとLTOへの移行により、約5,600巻あったCMTを約60巻のLTOへと大幅に削減。データ交換用のCMTも2016年末までには、他のメディアを利用することで、完全CMTレス運用を計画している。
「CMT保管のためのスペースが不要になった上に、テープ交換などのハンドリング作業を行う必要もありません。以前はCMT業務専任の担当者を配置していましたが、これも省力化が図れたことで配置しなくても済むようになりました」(長谷川氏)。
さらに同社では、特定処理(仮想MTLやLTOアクセス)の専用処理機構である「アクセラレートプロセッサ」も導入し、処理の高効率化も図っている。命令プロセッサを負荷の重い処理から解放することで、CPUリソースの有効活用や処理時間の短縮も実現している。
また、運用面でもう一つ見逃せないのが、オペレータの操作業務と監視業務の改善だ。
以前は印刷用スプール容量が不足していたため、オペレータがプリント処理の進捗状況を見ながら手動でジョブの投入を行っていた。しかし、日立ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(以下、VSP)」を導入したことで、このスプール容量不足問題が解消し、ジョブ投入の操作負担が軽減。
「オペレータが手動で制御する必要がなくなったので、問題が起きた時だけ自動通報するようにJP1を使って設定しました」(飯塚氏)。
ジョブの異常終了が発生した際などにはパトランプの鳴動やメールによる通知が行われるため、普段は他の業務に専念することが可能となり、監視業務が改善された。

VOS3専門部隊の手厚い支援で高品質なITインフラを実現

写真:株式会社 ジーシーシー データセンター運用1G 福田 靖也氏
株式会社 ジーシーシー
データセンター運用1G
福田 靖也氏

新システムでは、プリンタだけでなくストレージ(LTO、VSP)もAP8800Eと日立の統合 サービスプラットフォーム「BladeSymphonyBS500」で共有化。これにより、無駄のない最適なIT投資を推進できるようになった。
また、旧システムからの移行も含めた構築作業全体を、日立の現地SEとVOS3専門部隊がしっかりとサポート。これにより、高品質で効率的な業務環境を短期間で実現している。
「これまで何度もシステム更新を行っていますが、経験豊富な専門部隊が支援していただけるので安心感が高い。今回のシステムもそうですが、多様化する自治体・公共団体のニーズに応えていくためには、一歩先読みした取り組みが求められます。ぜひ日立にも、今後も先進的な提案を期待したい」と堀江氏は日立への期待を込め抱負を語った。

図による説明:株式会社 ジーシーシーの新プリント業務システム概要

  • CMT:Cartridge Magnetic Tape
  • LTO:Linear Tape-Open
  • FIBARC:FIBre connection ARChitecture
  

[お客さまプロフィール]株式会社 ジーシーシー

ジーシーシーの天川ファクトリエ外観


ロゴマーク:株式会社 ジーシーシー

[本社]群馬県前橋市天川大島町1125
[設立]1965年12月27日
[資本金]9,000万
[従業員数]590名(2016年2月現在)
地方自治体・公共団体を対象に多彩なサービスを展開する情報処理専門企業。自治体ERPパッケージシステム「e-SUITE」やデータセンターサービス、大量印刷/封入封緘/デリバリー業務の受託処理サービスなど、幅広い事業を展開している。

お問い合わせ、資料請求

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は下記までご連絡ください。

特記事項

  • 日経コンピュ−タ2016年3月31日号掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客様について同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
アドビ・リーダーのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。