ページの本文へ

Hitachi

セキュリティ

次世代セキュリティ運用

統合監視ダッシュボードやAIを活用した次世代セキュリティ運用で
お客さまの事業をまもります。

次世代セキュリティ運用でお客さまの事業をまもる

社会インフラ事業の継続的な運用を守るためには、IT・OT・IoTシステムのセキュリティ対策、それらのシステムを一元的に管理・把握する統合SOCとセキュリティ統括組織、そして適切に事業継続の判断ができるようにするための組織全体の対応力の強化が必要です。日立は、統合監視ダッシュボードやAIを活用した次世代セキュリティ運用でお客さまの事業をまもります。

ITシステムやOTシステムから総合SOC(証跡管理、構成管理、インシデント管理、ぜい弱性管理)へ、総合SOCとCSIRT(インシデント対応、外部脅威情報収集分析)との相互やりとり、CSIRTからCISO(経営へのインパクトを判断)、そしてCEO経営判断へ

全社システムの運用監視の一元化 AIを活用したセキュリティ監視業務の効率化 サイバー攻撃への組織としての対応・判断力を訓練 制御システム向けセキュリティ監視

お客さまの事業をまもる次世代セキュリティ運用ソリューション

全社システムの運用監視の一元管理と見える化

セキュリティは情報システム部門やセキュリティ担当者だけの問題ではありません。組織が一体となって動くためには、情報の「見える化」が必要です。お客さまの組織、役職に応じた総合監視ダッシュボードを提供することで、全社のセキュリティ状況把握を可能とし、全社システムの運用監視の一元管理と見える化を実現します。

中央と現場の役割分担例:中央と各地の現場(現場1、現場2、現場3)を結んでシステムを統合的に管理

対象に応じた総合監視ダッシュボードによるリスクの見える化

AIを活用したセキュリティ監視業務の効率化

大量の誤検知を含むアラートへの対応では、業務が属人化し、対応するセキュリティ技術者に依存してしまう傾向があります。アラートのインシデント判定においてAI技術を活用することで、専門性の高いセキュリティ技術者の負荷軽減と、高度なセキュリティ監視の実現を支援します。

サイバー攻撃への組織としての対応・判断力を訓練

インシデントの発生時には、現場でのインシデント対応能力と、組織全体としての対応力・判断能力が必要になります。日立は、インシデント発生時に適切な事業継続判断をするための体験、組織のレジリエンス向上を図る、経営層/OTシステム/ITシステムの各部門参加によるサイバー防衛訓練サービスを提供します。

制御システム向けセキュリティ監視

システム内のネットワーク上に流れる不正な通信データを検知するためのセキュリティ対策装置と、それらからデータを収集し分析から一次対処まで行うセキュリティ監視装置を組み合わせ、インシデントを早期検知・一次対処して、事業継続判断を支援します。