ページの本文へ

Hitachi

セキュリティ

サイバー防衛訓練サービス

サイバー攻撃への組織としての対応・判断力を訓練

社会や企業のセキュリティ対策では、組織そのものの強化や、ITシステムやOTシステムを維持するための運用の強化も求められます。
日立は、社会インフラ事業向けに、ヒトや組織の強化に着目した実践的な訓練を行えるサイバー防衛訓練サービスを提供します。お客さまの現場でのインシデント対応能力の向上を支援し、サイバー攻撃への組織としての対応力・判断能力を高めることを目的としています。

サービスの詳細・特長

サイバー攻撃を想定した防衛訓練施設を開設

日立の大みか事業所内にサイバー攻撃を想定した防衛訓練施設を開設しています。ITシステムおよびOTシステムの模擬システムを設置し、実際の現場に限りなく近い環境で訓練を行うことができます。
この訓練施設と、これまで培ってきた日立の技術・ノウハウを基に作成されたカリキュラムで、サービスを提供します。

サイバー防衛訓練施設

お客さまに合わせた柔軟なカリキュラムを提供

カリキュラムはお客さまの企業に適したものにカスタマイズしてご提供します。また、カリキュラムは講義、ワークショップ、ハンズオン、そしてシナリオ訓練に分けられます。

講義
訓練で使用するシステムについて学習します。また、ITシステムおよびOTシステムでのセキュリティの基礎知識や、セキュリティインシデントの最新事例についても学習します。
ワークショップ
システム構成図を用いて、システムに対するリスクを検討します。また、そのリスクに対する検知・防御方法を検討し、リスク分析手法を学びます。
ハンズオン
用意されたネットワーク上で、実際の攻撃手法と、攻撃が実施された場合にどのように防御するのかを実践的に学びます。
シナリオ訓練
受講者はITシステムまたはOTシステムの担当者として、別室の攻撃役からの攻撃に対処します。あるいは、経営層やマネージャーの役割を担い、システム担当者からの報告を基に、事業継続可否を判断します。
実践的な訓練で、受講者の組織としての判断力・対応力を強化できます。

充実のフォロー体制・フィードバック

訓練中に受講者が行き詰った場合には、随時、講師が対応方法などをアドバイスします。また、訓練終了後には訓練中の対応などについてのフィードバックもあります。