ページの本文へ

Hitachi

セキュリティ

セキュリティ人財育成

社員のスキル・キャリアに合わせて、必要な研修をコーディネート。
日立のノウハウを結集し、セキュリティに強い組織づくりを支援します。

組織を構成する一人ひとりのセキュリティレベルと意識を向上

日々多様化・高度化するサイバー攻撃に対応するために、組織のセキュリティ強化の重要性が高まっています。サイバー攻撃から会社を守るには、高い専門性を持ったセキュリティ人財はもちろん、社員一人ひとりがそれぞれの業務や立場に合ったセキュリティ対応力を身につけることが必要です。日立では、社員それぞれのスキルやキャリアに合ったセキュリティ対応力を身につける研修をコーディネート。組織におけるセキュリティ人財を無理なく育成できるよう支援します。

日立のノウハウを結集したセキュリティ人財育成カリキュラム

本研修カリキュラムでは、日立グループ向けに実施している研修を基に、サイバー攻撃の手口を「知り」、サイバー攻撃を受けたときの対応を「考える」ことにより、サイバー攻撃への対応力を身につけます。「考える」研修では、サイバー攻撃の事前・事後の対策に適応できることを目的とし、演習を組み入れているのが特徴です。
また、今後は、サイバーインシデントに対応する人財を育成する人(「教える」人)を育てる研修も検討しています。

研修目的・事前対策・事後対応:サイボー攻撃を知る・経営視点で学ぶサイバーセキュリティ・サイバー攻撃対応基礎(知識習得編)/セキュリティを考える・サイバーセキュリティマインドセット・サイバー攻撃対応コミュニケーション訓練/対策・対応を教える・サイバー攻撃対応訓練講師実習

研修目的と提供する研修

さらに、自社のみでサイバー攻撃に対応することが困難な場合には、体制構築を支援するコンサルテーションやアウトソーシングサービスを活用し、強固なセキュリティ実行組織の構築に貢献します。

セキュリティ研修のコーディネーション

セキュリティ研修のコーディネーション