ページの本文へ

Hitachi

IT(情報・通信):日立

仮想化

日立仮想化ソリューション

実績ある製品群による総合力と、これまで培ってきたノウハウを活かし、
さまざまな仮想化ニーズにトータルでお応えします!

企業内に乱立するサーバへの対策として、『サーバ環境の仮想化』を導入する企業が増えています。仮想化技術により、1台の物理サーバに複数の役割(=仮想サーバ)を持たせることが可能となり、『既存資産・サーバリソースの有効活用』、『省スペース・省エネルギー』、『運用保守の効率化・コスト削減』を実現することができます。

IT環境の再構築を高い投資対効果で実現し、企業活動の継続的な成長をご支援いたします。

仮想化に最適な統合サービスプラットフォーム  『BladeSymphony』

統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」は、ブレードサーバを核に、ストレージ、ネットワーク、管理ソフトウエアを一体化した仮想化に最適なプラットフォームです。
メインフレーム技術を応用した日立独自のサーバ論理機構「Virtage」、仮想化ソフトウェア「VMware® ESX®」、「Windows Server® 2008 Hyper-V™」、「KVM」に対応。
基幹システムへの適応から部門PCサーバの統合まで、さまざまなシーンでご利用いただける仮想化プラットフォームをサポートしています。

BladeSymphony

N+1コールドスタンバイ

サーバーに障害が発生した際、自動的に予備サーバーブレードに切り替え、業務への影響を最小限に抑えることができます。

ロングライフサポート

ハードウェア購入時に契約すると最長10年間*のハードウェア保守サービスを受けられるロングライフサポートサービスを提供。ハードウェア更改コストを低減します。
 *BS2000 高性能サーバブレード Eタイプ

かんたん仮想化ソリューション

サーバ集約やクラウド基盤に適したBS500の能力を最大限に活用した、仮想化ソフトウェアVMware vSphere®による仮想化環境をあらかじめ構築してお届けします。
仮想化によるサーバ集約や、HA機能を意識した中規模の仮想化システムを検討されているお客さまにおすすめのソリューションです。

仮想化環境を柔軟に構築するディスクアレイストレージ『Hitachi Storage Solutions』

日立ストレージの仮想化には、以下の4つの機能があります。これらの機能でお客さまにさまざまなメリットをご提供いたします。

ストレージデバイスの仮想化(2004年)

多種多様なストレージを1つのストレージとして管理。
 ⇒ 異機種のストレージを1つのストレージとして扱える。
   接続された外部ストレージは仮想化され、内蔵ディスクと同様に操作・管理できる。

ボリューム容量の仮想化(2007年)

仮想化技術で物理容量以上の仮想化ボリュームを割り当て。
 ⇒ 容量を無駄なく使えます。
   設計も楽になります。

ストレージ階層の仮想化(2010年)

データのアクセス頻度に応じて最適なドライブへ自動配置。
 ⇒ コストパフォーマンスの最大化と、管理の容易化が同時に実現できます。

新ストレージ仮想化技術(2014年)(global virtualization)

従来のストレージ仮想化が、外部ストレージを上位ストレージの内部ストレージに見せる技術であったものに対し、global virtualizationは、サーバが外部ストレージとして認識するための情報を仮想化し、複数のHitachi Virtual Storage Platform G1000を1つの仮想ストレージに見せる技術です。

仮想プライベートストレージ

仮想化環境の導入を支援する設計・構築サービス−サーバ統合ソリューション

IT資産の有効活用、柔軟なシステム運用などクラウドコンピューティングの利点が広く認知されるようになった今日、企業内にクラウド環境を構築するプライベートクラウドの関心が高まっています。日立は仮想化ソリューションをメニュー化し、企業内にクラウド環境を構築することや、柔軟なIT利用が可能な運用・管理を支援します。

  • アセスメントから仮想化の計画、設計、構築、運用までを支援
  • ハードウェアからソフトウェアまで、ITリソースを最大限に活用した仮想化環境の構築を支援
仮想化 コンサルティングサービス

仮想化システムを導入する際のプラットフォーム要件の定義、計画立案を支援いたします。

仮想化 設計・構築サービス

仮想化システムのプラットフォーム基本設計、詳細設計、構築、テスト、移行を支援いたします。

仮想化環境 運用・保守支援サービス

仮想化システムプラットフォーム部分の稼動管理、問題解決の支援、及び、予防保守情報の提出を行います。

詳しくは、クラウドソリューションWebサイトをご覧ください。

仮想化環境の運用を強力にサポートする統合システム運用管理『JP1』

  • 仮想化環境のシステム監視〜障害探知〜原因究明〜障害対応まで運用をトータルサポート
  • 仮想化環境と物理環境を同じインターフェースで一元管理

JP1は、仮想化環境の運用管理で発生する課題と要件にお応えします。

JP1で解決!

  • 期待通りの性能が出ない
  • 障害発生時の対応が難しい
  • 運用環境の構築負荷が高い
  • 仮想サーバ・物理サーバを一元管理・監視
  • 正確な稼働状況を把握し、原因究明・分析を支援
  • 仮想化ソフトと連携し、柔軟な構築/構成変更に対応

JP1は、仮想化環境の運用管理で発生する課題と要件にお応えします。

仮想化環境のWebアプリケーション構築・運用管理を支援する『Cosminexus アプリケーションサーバ』

  • 仮想化環境のWebアプリケーションまでふくめた構築・運用作業をトータルサポート
  • Webアプリケーション単位で仮想化環境と物理環境を一元管理

Cosminexusは、仮想化環境のWebアプリケーション構築・運用管理で発生する課題と要件にお応えします。

Cosminexusは、仮想化環境のWebアプリケーション構築・運用管理で発生する課題と要件にお応えします。

詳しくは、統合開発・運用環境製品Webサイトをご覧ください。

クライアント環境をサーバで集中管理『デスクトップ仮想化』

適材適所の導入で効果を最大限に発揮する『デスクトップ仮想化ソリューション』を提供。これまで自社で推進してきた約10年間の運用ノウハウや見込まれる効果などを踏まえた、最適な統合環境の見極めや構築、ベンダーとの共同検証作業に取り組み、最適なソリューションを提供しています。

詳しくは、デスクトップ仮想化(VDI)サイトをご覧ください。

仮想化環境の導入後に直面する課題を解決する『仮想化運用ソリューション』

ビッグデータ時代。データ量が増大する中、ビジネスに価値をもたらすサーバ、ストレージの仮想化。
しかし、導入後に新たな課題に直面してはいませんか?
サーバ、ストレージを熟知する日立なら、勘所を押さえた仮想化運用でお客さまの悩みを解消します。

詳しくは、仮想化運用ソリューション サイトをご覧ください。

最新事例

  • 導入事例のバックナンバーはこちら
2016年10月07日
  • 学校法人 日本教育財団

    VMware Horizonと日立サーバ&ストレージでサーバOSによる仮想デスクトップ環境を構築。運用性・性能を大幅に改善し、コスト低減も実現。
    教育機関:PCサーバ「HA8000シリーズ」、ミッドレンジストレージ「HUS 130」、仮想化ソフトウェア「VMware Horizon」

2016年08月03日
  • 信楽園病院

    高効率・適正コストでの医療情報共有に向け電子カルテシステムを刷新し、新基盤にHA8000を採用
    医療機関:PCサーバ「HA8000シリーズ」、仮想化システム「Hyper-V」

2016年03月01日
  • 三協立山株式会社

    一歩先を見据えた戦略的基盤の構築へ 成長を支える次世代インフラの絶対要件とは?
    プロセス製造:ミッドレンジストレージ「VSP G600」

他社商標注記

Microsoft、Windows Server、Hyper-V、Windows Azure、Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
VMware、VMware vSphereは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。