ページの本文へ

Hitachi

IT(情報・通信):日立

【お知らせ】東日本大震災への支援と対応について

2011年3月18日公開
2011年12月29日更新
株式会社日立製作所 情報・通信システム社

1.お問い合わせ窓口について

専用窓口の「災害対応受付センタ」は終了させて頂きました。
 今後のお客さまからのお問い合わせは、HCAセンタ(ハイタック・カスタマ・アンサセンタ)にて、受け付けております。

HCAセンタ

  • 電話番号: 0120-258012
  • 受付時間: 9:00 - 12:00/13:00 - 17:00 (土日祝、年末年始、夏期休暇などの当社指定休日は休ませていただきます)

お問い合わせの前に、「個人情報保護に関して」をお読みになり、同意の上ご連絡をお願いします。「個人情報保護に関して」にご同意いただけない場合には、当社が提供するお問い合わせサービスがご利用いただけない場合がございます。
16歳以下の方は、保護者の方の同意を得た上でお問い合わせください。
なお、ご連絡いただいた個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が個人情報を保存することはありません。

2.災害復興に向けた特別支援プログラムについて

2−1.保守サービス特別対応(2011年12月末受付終了)

東日本大震災および長野県北部地震・静岡県東部地震により被害を受けた機器の修理における技術料および部品代の特別対応は、2011年12月末を以って、受付を終了させていただきました。

2−2.災害復興支援プログラム/無償提供サービス(2011年10月末終了)

日立グループでは、東日本大震災で被災された企業、自治体、NPOなどの法人のお客さまに、災害復興支援プログラムとして各種のサービスを無償提供させていただきました。

  • 業務システム(4件)
  • Harmonious Cloud ITリソース復旧関連サービス(6件)
  • Harmonious Cloud バックアップ・ディザスタリカバリ関連サービス(2件)
  • 通信・ネットワーク(3件)

3.IT製品の節電について

 経済産業省は、今夏の電力需給対策として、東京・東北電力管内全域において、大口需要家・小口需要家・家庭の各部門ごとの需要抑制目標として15%削減することを決めました。

 当社が提供しているIT製品では、省電力部品の採用を始め、種々の省電力機能を備えています。詳しい情報は下記の製品サイトをご覧ください。

IT製品の節電について
IT製品 内容
ミドルウェア

 効率的なサーバの電源管理やPCの省電力運用など、データセンター、オフィス、モバイルの各利用シーンに応じたミドルウェア適用メリットに関する情報を掲載しています。

サーバ

 低電圧プロセッサなどの省電力部品の採用から、装置レベル、運用レベル、設備レベルにいたるまで幅広い情報を掲載しています。

4.情報・通信システム製品納入への影響、生産拠点の状況(第4報)

製品納入について

  各製品にて使用しております部品の供給元に、一部生産休止などの影響が発生しています。このことから、お客さまへの製品の納期につきましても、一部ご要求にお応えできない場合がございます。日立では、今後もお客さまへの影響を最小限に抑える努力を継続して参りますので、ご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げます。

生産拠点の状況について

  情報・通信システム社では、神奈川県の拠点を中心にストレージ製品、サーバー製品、ソフトウェア製品、ネットワーク機器などの製造や組み立て、開発を行なっております。具体的な各生産拠点の状況は下記の通りです*

  • * 2011年4月22日17時現在の情報です。
生産拠点の状況について
事業部名 状況
RAIDシステム事業部
(神奈川県小田原市/ストレージ製品の製造、組み立て)
通常通り操業中
ソフトウェア事業部
(神奈川県横浜市/ソフトウェア製品の開発)
通常通り操業中
通信ネットワーク事業部
(神奈川県横浜市、福島県郡山市/ネットワーク機器の製造、組み立て)
神奈川県、福島県の両拠点とも通常通り操業中
エンタープライズサーバ事業部
(神奈川県秦野市/サーバー製品の製造、組み立て)
通常通り操業中
マイクロデバイス事業部
(東京都青梅市/システムLSI製品の製造・開発)
通常通り操業中

5.東京電力、東北電力の「計画停電」実施に伴うお客さまシステムの対応について

 2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災の影響で、3月14日(月)以降、電力需給逼迫による計画停電が実施されています。
お客さまシステムを、復電後により確実に復旧できるように、東京電力、東北電力の情報をご確認いただき、「計画停電」の停電実施前に、お客さまで運用されている正常な手順により、システムを停止されることをお勧めします。
また、復電時においても、お客さまで運用されている正常な手順により、システムを復旧されることをお勧めします。
お客さまの自家発電装置などの環境により、対処方法は異なります。自家発電装置が作動できる状態にあることや、万一に備えたシステムやデータのバックアップを、ご確認・ご対応願います。
なお、停電時間中にシステムを稼働させる場合は、必ず空調設備も稼働させるようにご注意願います。
停電の対象となるお客さまにつきましては、停電予定時間に備えたご対応を考慮願います。