ページの本文へ

Hitachi

OSS(オープンソース・ソフトウェア)

Cloudera Enterpriseの運用をご支援するサービスです。お問い合わせの回答による問題解決の支援、予防保守情報の提供などを行います。

Cloudera Enterpriseの概要

  • Cloudera Enterpriseは、Cloudera社が提供するHadoopディストリビューションCDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)をベースにしたサブスクリプション製品です。
    • CDHにはHadoopと、Spark等のHadoopを高度に利用するための関連OSSがパッケージされています。
  • Cloudera Enterpriseには、CDHの他に、運用・構築を容易にするの各種管理ツール(Cloudera社提供)と、エンタープライズでの活用に不可欠な対策版提供が可能なサポートサービスが含まれます。
    • 各種管理ツールにはCloudera Manager(クラスタの管理・構築ツール)、Cloudera Director(自動化を含む高度な機能を提供するクラスタ管理・構築ツール)、Cloudera Navigator(データ、セキュリティ統合管理ツール)が含まれます。
    Cloudera
    Enterprise
    CDH (Hadoop,
    Spark, HBase,
    Impala等のOSS群)
    管理ツール製品サポート
  • 日立からは、ユースケースに対応した下記4種類のエディションのサポートサービスをご提供します。
  • Cloudera Enterpriseのエディション Data Science & Engineering Operational Database Analytical Database Data Hub
    特徴(用途) 分散処理の基本パック
    • Sparkを用いたデータの分散処理(バッチ、ストリーム)
    • Kafka/Spark/Hadoopといった基本機能のセット
    データストア利用者向け
    • 細かいデータの書き換えや集計が必要な用途
    • Data Science & Engineeringの内容に加え、NoSQLである HBaseを含むセット
    SQLでのクエリ用途向け
    • 検索言語による分析用途向け
    • 高速クエリエンジンであるImpalaを含むセット
    全ての用途
    • Operational DatabaseとAnalytical Databaseの両方の内容が含まれる
    サポート
    対象内容

    ※ Core Hadoopサポート対象: Cloudera Manager, Cloudera Director, HDFS, YARN/MapReduce, Zookeeper, Hive, Kafka

Cloudera Enterpriseの特長

業務スピードの向上
  • Sparkによる高速なインメモリ処理
  • Impalaによる超高速SQLクエリ
  • HBaseによるリアルタイムなランダムアクセス
高信頼
  • CDHの各OSSはCloudera社による各種テストで検証済(組合せ、1000ノードのスケール、障害注入)
  • Cloudera社には多数のコミッターが在籍、多くのプロジェクトに強い影響力を持ち、対策を入れやすい
構築・管理負荷の軽減
  • 物理、仮想環境での容易なクラスタ構築・スケールアウト
  • ダッシュボード・GUIコンソールでのマシン・サービスの統合管理
  • 異常検知時のアラート通知
セキュリティ
  • アクセス制御、認証・認可
  • 暗号化によるデータの保護
  • 監査によるデータアクセスの追跡
  • PCIコンプライアンスに対応

サービス内容

下記のようなサービスを提供し、システムの運用をご支援します。

区分 サービス内容 サービス時間帯
24時間週7日商品 平日8:00〜
19:00商品
一般の問い合わせ 対象品の機能や使い方について、およびセットアップ等の各種操作方法について、Q&Aを行います。 月曜日から金曜日の9:00〜17:00 *1
障害に関する問い合わせ 障害が発生した際、仕様・回避策の調査や確認を実施します。 24時間週7日 *2 月曜日から金曜日の8:00〜19:00 *1
情報の提供 メールやWebページを用いて、不具合やセキュリティ関連情報を予防保守情報として提供します。
対策版の提供 プログラム不良による重要障害では対策版を提供します。
*1
「国民の祝日に関する法律」に定める休日および日立が定める年末年始の休日(12月29日から翌年の1月3日)を除きます。
*2
月曜日から金曜日の午後7時から翌午前8時、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に定める休日、および日立が定める年末年始の休日(12月29日から翌年の1月3日)の午前8時から翌午前8時は、お客さまの業務が続行できないなどの緊急性の高い障害に関する問い合わせに限ります。

サポート対象バージョン

製品名 バージョン
Cloudera Enterprise 5.12.x 以降

前提OS

Red Hat Enterprise Linux 7.3, 7.2, 7.1, 6.9, 6.8, 6.7, 6.6, 6.5, 6.4

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

OSSのご活用、ソリューション・サービスに関するご質問・ご相談はこちら