ページの本文へ

Hitachi

OCRとイメージスキャナ

HT-4161モデル(1スタッカモデル)
HT-4161モデル(1スタッカモデル)

HT-4161Wモデル(2スタッカモデル)
HT-4161Wモデル(2スタッカモデル)

小型OCRスキャナ「HT-4161モデル(1スタッカモデル)」「HT-4161Wモデル(2スタッカモデル)」は、収納式のホッパ・スタッカをもつ、コンパクトなOCRスキャナです。上位機の多くの機能を受け継ぎ、さまざまな業種・業務にご利用いただけます。
「HT-4161Wモデル」は、日立の小型OCRスキャナとして初めての2スタッカモデルで、エラー帳票の分離が可能なOCRエントリシステムの構築にご利用いただけます。

収納可能なホッパ・スタッカとコンパクトなサイズの省スペースモデル

コンパクトなサイズに加え、1スタッカモデル、2スタッカモデル共に、収納可能なホッパ・スタッカを採用した省スペースモデルです。背面の突起物に配慮したことで、壁に近接して設置可能です。使用時も未使用時も机を広く使えます。

省スペース

図の机は、幅 約1200mm 奥行 約800mmをイメージしています。

最高85枚/分 基本性能の向上で多くの業務・業種に対応

基本性能が大きく向上しています。*1
標準機能で60枚/分、オプションを加えれば最高85枚/分*2の高速読み取りが可能です。
高速インターフェースUSB3.0の採用などにより、カラー画像の高速読み取りも適したOCRスキャナです。

帳票は、52mm×74mm〜305mm×420mm、厚さ35〜180kg紙に対応。
A8からA3、薄い複写紙から、厚いシーリングハガキまで、幅広い用紙を利用できます。
中間紙(B紙)を含めたノーカーボン紙にも標準機能で対応しています。*3

*1
HT-4134との比較。性能はA4横手書き数字300文字の値です。性能はシステムに影響を受けます。
値は当社環境で速度優先モードを使用した場合の測定値です。
速度優先モードには制限があります。詳細はお問い合わせください。
*2
オプションの「高速読み取り機構」搭載時の値です。
*3
ノーカーボンB紙、シーリングハガキの使用は事前の評価が必要です。

2スタッカを活かしたOCRエントリシステムを構築可能「HT-4161Wモデル」

アクセプト・リジェクトの2つのスタッカを持つ「HT-4161Wモデル」は、A4縦(297mm)までの帳票を分類することが可能です。上位機のHT-4165と同様のエラー帳票をリジェクトスタッカに排出するOCRエントリシステムを構築できます。
正常に読み取った帳票はアクセプトスタッカ、不読や論理的なエラーが検出された帳票はリジェクトスタッカに排出することで、手作業による帳票探しや、仕分け作業を削減することができます。

2スタッカシステム例1

例:
OCRの文字認識結果に基づいて帳票を分別します。

2スタッカシステム例2

例:
処理済みのクリーンデータとして確定した帳票のみをアクセプトスタッカに出力します。
異帳票の混入や、エラー帳票の処理漏れを防止します。

超音波式の重送検出器、手差し機能など、使い勝手を考えた改良を実施

超音波式の重送検出器を標準装備しました。印刷内容や紙厚の影響が少なくなりますので、OCR帳票管理の負担を減らすことができます。
手差し機能は、「手差しボタン」を押すことで紙を一枚に捌く力をOFFにする機能です。紙への負担が少なくなります。薄い紙や、脆い紙、折り目のある紙などを1枚ずつ確実に読み取る場合に使用できます。
クリアシートの利用も可能です。付箋紙のついた紙や破損した用紙に対応できます。

読み取り精度の向上に不可欠なドロップアウトカラーやイメージ入力も強化

同時に複数色をドロップアウトできる「マルチドロップアウト機構」に、カスタムドロップアウト機能が追加されました。ドロップアウト色を細かく調整することができます。マルチドロップアウト機能でもOCR処理できない帳票にお試しください。

マルチカラー帳票例

「マルチセンサ機構」で取り扱えるイメージが2種類から3種類に、「カラー画像入力機構」のカラー画質も見直し改善を行っています。*1*2

*1
「表マルチセンサ機構」「裏マルチセンサ機構」「マルチドロップアウト機構」「カラー画像入力機構」はオプションです。
*2
「マルチドロップアウト機構」「カラー画像入力機構」には、「表マルチセンサ機構」「裏マルチセンサ機構」が必要です。

製品のCO2の見える化「カーボンフットプリントマーク」を取得

カーボンフットプリントマーク
画像を拡大する。(新規ウィンドウを表示)

カーボンフットプリントマーク(Carbon Footprint of Products/以下、CFP)とは

経済産業省が農林水産省、国土交通省、環境省と連携して実施する「カーボンフットプリント制度試行事業」を構成する「カーボンフットプリント算定・表示試行事業」において認定された「商品種別算定基準(Product Category Rule)」に基づき、カーボンフットプリント検証パネルによる算定・表示の検証を経た表示内容について取得できるものです。

CFP制度試行事業は、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体で排出される温室効果ガス(Greenhouse Gas)の排出量をCO2量に換算し、マークなどを使って分かりやすく表示(見える化)することにより、利用者にはCO2排出量を考慮した商品購入への関心を高めるとともに、事業者には製品のライフサイクルでのCO2排出量削減を促すための制度で、経済産業省が2009年から関係省庁との連携のもと、試行事業を進めています。

右画像に表示している数値は、特定の導入事例について算定し検証を受けたものです。事例が変われば値は異なります。

お問い合わせ

対象バージョンや前提条件等、詳細はこちらへお問い合わせください。

  • * お問い合わせは株式会社日立情報通信エンジニアリングが承っております。
    上記リンクをクリックすると、株式会社日立情報通信エンジニアリングの「OCR・イメージスキャナに関するお問い合わせ」ページへ進みます。