ページの本文へ

Hitachi

OCRとイメージスキャナ

ご紹介

 日立OCRは、従来からの定型伝票を読み取る分野で、高性能、高機能OCRとしてご利用いただいております。
 加えて、ファイリングシステムやイメージ&ワークフローシステムといったイメージシステムとの連携利用のニーズにも、最新のアーキテクチャーでお応えします。

 帳票/伝票類のデータ入力および大量イメージ情報処理でお悩みの方は、ぜひ日立にご相談ください。

  • クライアント/サーバ環境での効率的な帳票/伝票読み取りを実現したい。
  • 業務アプリケーション等で扱う大量イメージ情報を、効率的に処理したい。
  • 月末に集中するデータ入力を何とかしたい。
  • データ入力を外注しているが、コストが高い。
  • 契約申込書等を読み取りと平行してイメージファイリング処理したい。

帳票例

図:帳票例