本文へジャンプ

Hitachi

ネットワーク

Apresia15000シリーズ

40Gインターフェースを搭載した、エンタープライズ向けの2U/1Uサイズのボックス型L2/L3スイッチ。

写真上:Apresia15000-64XL-PSR
写真下:Apresia15000-32XL-PSR

特長

40Gインターフェース

40GインターフェースにQSFP+を2ポート実装。

10Gインターフェース

  • Apresia15000-64XL-PSRでは、10G(SFP+)を64ポート実装。
  • Apresia15000-32XL-PSRでは、10G(SFP+)を32ポート実装。
  • SFP+ポートは、SFP/SFP+のデュアルスピード対応。

認証機能

  • 認証機能「AccessDefender」により、IEEE802.1X、Web認証、MAC認証、ゲートウェイ認証を実現。
  • スイッチ/無線アクセスポイントのカスケードに対応。

MMRP-Plus(Multi Master RingProtocol-Plus)機能

  • L2で動作するネットワーク冗長化プロトコルで、リンク切断時は最速19msでの切替りを実現。
  • トライアングル・スクエア・リングなどのマルチトポロジーに対応。

運用管理

  • SDカードブートにより、簡単な復旧機能を実現。
  • ユーザループ検知によりループ障害を自動検知し、自動復旧。