本文へジャンプ

Hitachi

ネットワーク

AX8600Sシリーズ

高い収容能力でスマートデバイス時代のネットワークを支える、100ギガビット/フルルート対応の次世代型ハイエンドコアスイッチ

AX8600Sシリーズは、トラフィックの急増による100G化、技術革新サイクルの短期化への対応や仮想化の進展への対応など、社会インフラや企業内コアネットワークをめぐる課題を解決する、次世代ハイエンドコアスイッチです。長く安心して使える先進ネットワークインフラの提供とTCO削減の両立を強力に推進します。

特長

高性能 (高速大容量化)

100ギガビットイーサネット回線をサポート。6.4Tbpsの最大スイッチング容量は、将来10Tbps以上へ拡張可能で、今後実用化が予想される400Gbpsや1000Gbps(1Tbps)の通信速度を持つ 回線インタフェースにも対応可能。

拡張性(高機能化)*

現在はまだ利用されていない、新たなサービスやプロトコルが必要になった場合に備え、 性能を劣化させずに新たな機能追加が可能。高速なデータ転送を実行するフォワーディングエンジン(FE)と、柔軟な機能追加が可能なプログラマブルエンジン(PE)/サービスモジュールカード(SMC)との協調動作が可能なハイブリッドエンジンアーキテクチャ により、転送性能を劣化させることなく機能拡張が可能。さらに、高度な付加機能を実装可能なサービスモジュールカード(SMC)を搭載することで、高度なセキュリティ機能などの追加にも対応。

  • * 将来予定

拡張性(無駄の無い増設)

1ギガビットイーサネット回線と10ギガビットイーサネット回線など、異なるインタフェースを効率よく混載して収容可能なマイクロラインカード構造を採用。1/4スロットサイズのネットワークインタフェースカード単位で増設が可能なため、混載による無駄が少なく、段階的な容量増設の際にも、設備投資効率が改善。

フォールトトレラント(高信頼)

従来ソフトウェア処理で行っていた冗長切り替え処理の一部をオフロードできる、プロトコルアクセラレータ(PA)というハードウェアを搭載。PAでリンクダウンを検出することで、リンクアグリゲーションの高速な切替が可能。PAで高速なBFDパケット送信を行うことで、BGP/OSPFの障害を高速に検知可能。

省電力

低消費電力を志向したアーキテクチャ/回路設計や、省電力部品の使用などにより低消費電力を追及。3W/Gbpsと従来比(AX6700S)約1.4倍の低消費電力を実現。