本文へジャンプ

通信・ネットワーク

Hitachi

ERXシリーズ

日立とジュニパーネットワークスのパートナーシップが結実
キャリアクラスに対応可能なブロードバンドIPゲートウェイ

BASとしてトップシェアを誇る、ジュニパーネットワークス株式会社の「ERX310/710/1410/1440」は、単体でDSL に加え、CATV、FTTH など、さまざまなアクセス方式をサポートし、L2TP などのトンネリング技術により、ISP へのホールセールなどを実現可能です。
また、エンドユーザーがポータルを通してサービスレベルを選択できるサービスセレクション機能など、DSL サービス事業者の差別化に役立つ付加価値機能も備えています。
日立はジュニパーネットワークスとパートナーシップを結ぶことで、ジュニパーネットワークスのBAS 技術に日立のシステムエンジニアリング技術、品質保証技術、工事・運用サポートなどを加えて、日立の「IP ネットワークソリューション」として提供中です。

特長

多種類のアクセス回線に対応

ERX 製品ファミリーは、エッジ部分でのネットワーク・サービスを網羅します。通信事業者は、1つのプラットフォームで専用線サービスはもとより、DSL セッションの終端や、ケーブルテレビ回線によるインターネット・アクセス、回線卸売り対応まで、多彩な加入者サービスの提供が可能になります。

IPに最適化されたアーキテクチャ

新開発の専用ASIC(特定用途向けIC)の採用により、回線インタフェースごとのフォワーディングやパケット・フィルタリング、バッファ管理、タスクのスケジューリングをハードウェアレベルでサポートするため、すべてのインタフェースで最高のパフォーマンスを同時に発揮させることが可能になりました。
大量のトラフィックや高度な機能に利用される過酷な状況でも、安定してワイヤスピードのパフォーマンスが得られ、IP トラフィックのための高速経路が確保されます。

コンパクトな実装とキャリアクラスの信頼性

他の追随を許さないポート密度で、設置スペースや電源の限られたアクセスポイントでも安心。ポート当たりコストの大幅削減が可能です。
キャリアクラスの優れた設計と信頼性により、ビジネスの世界で求められるIP サービス品質保証(SLA)要件に応えられる高可用性を実現しています。

BASソリューション

ネットワークシステム構成例

*
ERX310/710/1410/1440は、Juniper Networks, Inc.の商標です。
*
Juniper Networksは米国およびその他の国におけるJuniper Networks, Inc.の登録商標です。
*
Broadband Cable Processor、ERX、ESP、G10、G-series、Internet Processor、JUNOS、JUNOScript、M5、M10、M20、M40、M40e、M160、MRX、M-series、NMC-RX、SDX、ServiceGuard、T320、T640、T-series、UMC、UnisonはJuniper Networks, Inc.の商標です。
*
その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。