本文へジャンプ

通信・ネットワーク

Hitachi

コンタクトセンターサービス(CommuniMax/CC) イメージ図

コンタクトセンター業務に必要な電話交換機、CTIサーバなどをSaaSとして、月額料金にて提供します。これにより、コンタクトセンターの迅速な立上げを可能にし、運用負担を解消します。

名称 CommuniMax コンタクトセンターサービス
概要 <基本サービス>
通話機能、ACD機能、運用維持管理、運用レポート発行、運用データバックアップ、ヘルプデスクサービス、オペレーターグループ情報登録
標準価格 30席 月額75万円から*(税別)
*
初期費用、回線費用などは別途必要となります。
*
記載している価格は、2014年2月現在のものです。
製品名 概要
集中から分散まで、小規模から大規模まで幅広いニーズに対応した、IPコンタクトセンタ。国産システムならではの、スピーディーな保守やサポートが可能。
内部統制対応に関心が高まる中、企業内の日々の業務で取り交わされる通話や会話の証拠保全や証跡管理のニーズに対応し、ソフトフォン、IP電話機、アナログ電話機、マイクでの通話・会話録音を可能とした音声録音システムを提供。
製品名 概要
お客さま満足度向上とセンタ運用の効率化を実現
  • お客さまの情報を活用したビジネスへのフィードバック
  • オペレータ/オフィスのロケーションフリーによるコスト削減
会話内容を記録し、内部統制や情報漏えいへの対策
  • コンタクトセンタや窓口業務での会話内容の証拠保全
  • お客さまの生の声をフィードバック、満足度向上

おすすめ情報

ケーススタディで見る、クラウド時代のコンタクトセンター

“企業の顔”ともいうべきコンタクトセンター。顧客満足度向上や、問い合わせ業務の効率化、さらにはBCP対策などにとって「クラウド化」が有効だという――。今回は、コンタクトセンターのシステムをクラウド化するメリットや、サービス選定のポイントなどを、ケーススタディを通じて紹介する。

コンタクトセンターサービス(CommuniMax/CC)でコンタクトセンターにおけるBCP対応

災害時に、より必要性の高まるコンタクトセンターを継続して運用する方法を、データセンター被災時とオペレータ拠点被災時に分けて、コンタクトセンターサービス(CommuniMax/CC)を紹介。

月額料金で利用できる!充実のコンタクトセンター/導入コストを削減して、センター運営の負担も軽減

コンタクトセンターをすぐに立ち上げたい。しかも導入時の初期投資はできるだけ抑えて、導入後の運用負担も軽減したい。あるいは、災害時などいざというときにも問い合わせ業務を継続したい。月額料金で利用できるSaaS型のコンタクトセンターサービス「CommuniMax/CC」なら、そんな課題も一気に解決できる。