本文へジャンプ

Hitachi

ネットワーク

クラウド型コミュニケーションサービス(CommuniMax/CT)イメージ図

本サービスは、通話など基本的な電話機能について、月額料金制のクラウド型サービスです。電話環境の構築に必要な電話交換機や各種サーバなどの設備を企業内に保有する必要がないため、初期投資や管理コストを抑えて、企業内の電話環境の迅速な立ち上げが可能です。

1.高信頼なシステムを短期間・低コストで利用可能

日立のデータセンターにシステムを構築し、ネットワークを介して提供するクラウド型サービスのため、顧客による電話交換機やサーバなどの設備保有や管理が不要です。

2.各種コミュニケーション機能を統合的に提供するUCポータル

各種コミュニケーション機能を連携し、PCやスマートフォンのポータル画面に一覧表示するUCポータル画面を提供します。UCポータルでは、連絡先を表示する電話帳や、連絡先をグループ化して利用できるコンタクトリスト、電話をかける相手の通話状態などを表示するプレゼンス表示などの機能と連携しています。

3.個人所有のスマートフォンを業務利用できるBYOD対応

専用の内線アプリケーション*1をインストールすることで、スマートフォンを内線電話機として活用できます。また、データセンター上のサーバを経由して通話着信するV字発信(3PCC*2)機能により、業務用と私用の通話代を区別して利用することができます。また、発着信履歴や電話帳などのデータは、データセンターのサーバ側で一括管理できる*3ため、スマートフォンの紛失時にも情報漏えいを防止します。

*1
本機能を利用するには、別途スマートフォンの接続ライセンス料が必要です。
*2
3PCC:3rd Party Call Controlの略、2者間以上の端末と端末を、第3の装置(3rd Party)から操作し接続する技術。
*3
発着新履歴の管理が可能な機種はAndroid™搭載端末となります。

4.グローバル環境でも活用可能

データセンター内のシステムには、インターネット経由で内線電話を利用できる機能を搭載し、海外の出張先や拠点などからも、スマートフォンを利用して、インターネット経由で内線通話が可能です。これにより海外での通信コストを削減し、企業のグローバル化を支援します。

名称 CommuniMax クラウド型コミュニケーションサービス
概要 <基本サービス>
通常発着信機能、内線・グループの登録・変更、ユーザごとの電話機能設定など
標準価格 1内線あたり1,800円から*(税別)
*
初期費用などは、別途必要となります。
*
利用内線数は、10番号から利用可能で、月単位に内線数を変更できます。
*
回線費用、拠点システム構築費用(電話設備含む)などは、別途必要となります。
*
最小契約数100内線につき1内線あたり1,200円。以降は10内線単位での契約となります。最小契約数1,000内線につき1内線あたり980円。以降は100内線単位での契約となります。1年単位の事前契約(解約費無し)となります。
*
記載している価格は、2015年1月現在のものです。
  • * 仕様は改良のため変更することがあります。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標もしくは登録商標です。