ページの本文へ

Hitachi

IoTプラットフォーム Lumada

日立製作所 大みか事業所

設計から製造まで、生産工程の全体最適化への
取り組みをご紹介しています。

大みか事業所は、交通・鉄鋼・上下水・産業などの社会インフラシステムの生産を担っており、多品種少量生産向け工場の生産改革を追求しています。
現在、設計・製造ノウハウを含む多種多様なシステムの情報をつなぎ、かつ現場を可視化することにより、部分最適から全体最適への改革を推進しています。

イメージ:日立製作所 大みか事業所

ご覧いただける内容
  • 80,000個のRFIDを活用した現場の可視化
  • 工場シミュレータによる作業ロスの分析
  • 3D作業ビューアによる組立方法のナビ など

日立製作所 横浜事業所

IoTを活用した
オフィス最適化への取り組みをご紹介しています。

建屋内センサーから収集した室温、湿度などの情報と従業員の声を掛け合わせ、環境への配慮を行いながら、快適なオフィス環境を実現しています。
さらに多様なデータを分析することで、社員の健康の維持・向上に向けた支援や、生産性向上に向けたワークスタイル変革に取り組んでいます。

イメージ:日立製作所 横浜事業所

ご覧いただける内容
  • オフィスの快適性とエコの両立を目指した取り組み
  • 発想を生み出す新しいオフィスデザイン
  • 従業員の声から生まれたアイディアのボトムアップによる広がり

日立製作所 神奈川事業所

部品入庫から製品出荷まで、IoTを活用した効率化と品質向上への取り組みをご紹介しています。

神奈川事業所は、ITプラットフォーム製品の生産拠点です。 少品種大量生産向け生産改革を追求しています。
自動倉庫からの部品搬送や組立ラインでのロボット活用による自動化により、リードタイムの短縮に取り組んでいます。

イメージ:日立製作所 神奈川事業所

ご覧いただける内容
  • 自動倉庫+無人搬送車+RFIDカードによる部品のオンデマンド供給
  • 生産設備状態や生産進捗の見える化
  • 電子作業図面と作業支援システムによる組立のリードタイム短縮 など