ページの本文へ

Hitachi

Lumada

化学プラントにおける配管の劣化予測分析による保全業務の省力化

徹底したデータの前処理に基づくビッグデータ解析によって、設備劣化を高い精度で予測します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-01180
  • 業種:建設業
  • 適用業務・目的:予防保守

化学プラントの配管内部の点検・保全業務は、熟練作業員の経験則を基に行っても異常を検出しきれないという課題があります。解析に用いるプラント設備の保全データと運転データに対して、プラントの知見者とともに徹底した前処理を実施。
前処理を実施したデータを基に配管の劣化予測モデルを構築することで、劣化を高い精度で予測し保全業務を省力化します。

課題

経験則に基づく点検では異常箇所を検出できない

  • 配管内部の劣化予測の精度を高くし、点検業務を省力化したい。
  • プラントごとではなく、複数のプラントで共通して適用できる予測モデルを確立したい。

解決策

複数のプラントに対して精度の高い配管劣化予測を実現

プラント設備の保全データと運転データをビッグデータ解析し、配管内部の劣化予測モデルを構築。
熟練者でも予測が難しい配管の劣化を高い精度で予測し、保全業務の省力化を支援します。
複数プラントのデータを基に解析しているため、立地や運転状況が異なる他のプラントにも適用できます。

特長

徹底したデータ前処理による解析精度の向上

解析に用いる過去の点検結果データは、入力ミスによる誤ったデータが多く混入しているため、データ前処理を徹底することが重要です。
プラントの知見者のノウハウを活用し、誤ったデータか真の異常値かを判定するアルゴリズムによってデータ前処理を自動化。高い精度の解析を実現します。

成果

  • 点検業務の省力化(業務効率:約30%向上を見込む)
  • 配管劣化予測の精度向上(検知率:2倍〜10倍)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-01180

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。