ページの本文へ

Hitachi

Lumada

物流センターにおける生産性向上支援ソリューション

生産性低下時の作業実態の把握と要因推定を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01172
  • 業種:運輸業
  • 目的:生産性向上

物流センターの出荷業務では、日々変動する出荷量に合わせた最適なスケジューリングと人員配置が求められています。
物流センター内の作業現場に設置したカメラやビーコンから収集したデータとお客さまの作業実績データを基に生産性を見える化。商品滞留などのボトルネックが発生する要因の推定や、生産性を向上するための施策検討を支援します。

課題

出荷作業のボトルネックを解消し、生産性を向上させたい

物流センターでは、出荷遅延を発生させないよう作業量のピークに合わせた人員を配置しているため、商品が滞留したり空き時間が発生したりすると、出荷業務の生産性が低下してしまう。

  • 各工程・時間帯ごとの生産性低下の発生実態を把握し、効果的に対策したい。
  • 最適な人員配置や、さらなる生産性向上をめざしたい。

解決策

生産性低下時の作業実態を見える化

お客さまの作業実績データ、作業エリアのカメラやビーコンで取得したデータを収集し、作業員やフォークリフトの稼働状況、商品の滞留状況を分析。日々の生産性の実績やボトルネックの要因となる事象を見える化します。
これらのデータを長期間蓄積して傾向を分析し、レポートとして提供します。これによって、効果的な施策を効率よく検討できます。

特長

見やすく管理しやすい形式でデータを提供

時系列に並ぶ生産性の数値データだけでなく、現場のカメラ映像も併せて確認できる画面を提供。生産性が低下している現場の作業実態を把握し、要因の推定に活用したり、生産性が高いときの作業映像をトレーニングに用いたりすることもできます。
さらに、あらかじめ設置しておいた特定の条件にあてはまる事象が発生した場合は、リアルタイムにアラームを挙げることも可能です。

成果

  • 日々の作業実態把握のためのデータ分析業務の負荷を軽減
  • 数値と映像で実態を把握できるため、より確度の高い要因推定と施策検討が可能
  • 特定の事象発生に対してリアルタイムにアラームを挙げることで、出荷への影響を軽減させることが可能

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01172

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。