ページの本文へ

Hitachi

Lumada

水運用計画システム

トレードオフを考慮した、水運用計画全体の最適化を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01164
  • 業種:電気・ガス・熱供給・水道業
  • 目的:環境・省エネ対応

水道事業では、環境負荷の低減を最大化しつつ安定供給を保つための、水運用計画全体の最適化が求められています。
ポンプの消費電力、動力費、水源間の取水バランスといった、トレードオフの関係にある複数の指標を見える化し、水運用計画全体の最適化を支援します。

課題

水の安定供給を保ちつつ環境負荷を低減したい

  • 水源間の取水バランスを確保しつつ、ポンプの消費電力を低減して、送配水の省エネルギー化を実現したい。
  • 水を安定供給しつつ、浄水処理に使用する薬品や処理後の汚泥の量を、なるべく低減したい。

解決策

トレードオフを考慮した環境負荷の低減と安定供給の最適化

水源や水運用施設の各種データを30分ごとに収集し、24時間後の水の需要を予測。水の需要を満たしつつ、トレードオフの関係にある環境負荷の指標と、安定供給の指標のバランスを分析して見える化します。
ユーザーが指定する目標値になるべく近い指標の最適値を、画面上で対話的に調整できます。これによって、環境負荷の低減と安定供給のバランスを考慮した、最適な水運用計画の立案を支援します。

特長

多目的計画法によるシミュレーション技術

  • QRS法によって、水の需要予測と貯水量を基に最適な流量計画をシミュレーション。流量に応じたポンプの出力量を効率化します。
  • 線形計画法のソルバーを活用することによって、さまざまな指標の最適値を計算。ユーザーの目標値に合わせた最適な指標のバランスを導出します。

成果

環境負荷低減と安定供給の最適バランス実現と消費電力削減(約3%)。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01164

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。