ページの本文へ

Hitachi

Lumada

ARと音声によるヒューマンエラー防止ナビゲーション

ARと音声の作業ナビゲーションにより、設備の操作ミスや確認漏れを防止。危険を伴う作業での安全確保を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-01119
  • 業種:製造業
  • 目的:設備管理

劇薬物などを扱う危険を伴う作業では、十分な安全確保が求められます。
製造・保守現場における複雑な作業を、ARと音声を使ってわかりやすくナビゲーションすることで作業ミスや業務ロスを抑止します。

課題

誰もが漏れなく安全に作業できること

劇薬物などを扱う危険作業では、作業員全員が決められた手順を守り安全確保に務めることが重要だが、作業員のスキルには差がある。

  • 危険かつ複雑な作業において、作業手順や操作の誤りを防止したい。
  • 漏れなく正確な作業結果を記録したい。

解決策

「ARガイダンス」と「音声ガイダンス」によるナビゲーション

タブレット端末のカメラで実際の設備を画面に表示。設備画像上に作業内容を重ねて表示する「ARガイダンス」と「音声ガイダンス」で作業をナビゲーションします。
作業結果を漏れなく正確に記録するため、項目の入力完了後に次の項目に遷移する機能や、入力された内容をチェックし結果の再確認や異常を通知します。

特長

多様な作業環境の対応や記録の有効活用

  • 認識が容易なARマーカーを採用。高温配管設備などARマーカーを貼り付けできない場合は、画像認識で設備を特定しARガイダンスを表示します。
  • 作業場所の明暗や光の反射で設備の特定が難しい場合は、作業手順を呼び出して作業を継続できます。
  • 管理者は、作業ごとの記録内容や作業時間などを確認できるため、作業員ごとのスキル把握が可能です。

成果

  • ARと音声による作業ガイダンスにより、安全な作業を支援し作業ミスによる業務ロスを抑止。
  • 作業員ごとに的確な教育を行い、スキルの平準化と作業時間短縮につなげる。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-01119

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。