ページの本文へ

Hitachi

Lumada

医薬品向け常時温度監視業務の自動化

医薬品保管庫内の温度監視を自動化し、医薬品の品質を確保します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00928
  • 業種:医療、福祉
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上

センサーで医薬品保管庫の温度を常時監視し、異常検知と通知を自動化。
継続的な温度管理によって、医薬品の品質を確保します。

課題

人手による日に数回の温度チェックでは医薬品の品質維持が不安

  • 温度変化の有無を常に把握し、医薬品の品質劣化による廃棄を防ぎたい。
  • 温度の計測や記録などの現場スタッフの業務負担・ミスを軽減したい。

解決策

医薬品保管庫の温度監視を自動化

  • 医薬品保管庫の温度はセンサーを利用して10分間隔で自動計測・記録。現場スタッフの業務負担を軽減します。
  • 異常を検知した場合には、関係者に電話・メールで通知。迅速な対応によって、医薬品の品質劣化を防止できます。
  • 測定データは2年間分の蓄積。医薬品が適切な温度で管理されていたかを、データを利用して客観的に証明できます。

特長

自席から、各保管庫の状態を随時確認可能

  • 各保管庫の計測データはクラウド上の管理センターで集中管理。管理者は、各保管庫の温度変化の有無をインターネット経由で随時確認できます。
  • 温度データに加え、センサーの故障有無、センサーの電池残量も遠隔監視が可能です。
  • 無線通信を利用するため、大掛かりな配線工事は不要。設備投資に掛かるコストを抑えることができます。

成果

  • 適正な監視と管理で医薬品の品質を維持し、廃棄ロスを削減。
  • 温度計測・記録の自動化によって、現場スタッフの業務負担を軽減。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00928

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。