ページの本文へ

Hitachi

Lumada

熱中症予防向け工場内温度・電力の一括管理サービス

工場内の温湿度の監視を自動化して、作業員の安全衛生環境を一括で管理します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00905
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製造現場支援

工場内の温湿度データを収集して、異常時の検知と通報を自動化。
気づかないうちに発生してしまう熱中症を未然に防げます。

課題

高温多湿の作業現場での熱中症対策をしたい

  • 作業に集中していると温湿度の上昇に気づきにくいので、危険な状態になる前に通知したい。
  • 作業者へ注意喚起することで熱中症の発生を防止したい。
  • 暑さ指数などの現場の状態を管理部門や本部で把握したい。

解決策

温湿度と機器の稼働状況の管理を自動化

工場内の温湿度データを収集し、しきい値を超えた場合は即時に警報を通知。迅速な対応が可能になり、熱中症の発生を未然に防げます。
電力や設備情報のデータも一括で収集。各データを分析することで、省エネ、生産性の向上が期待できます。

特長

センサーによる自動計測

  • 工場内の温湿度データをセンサーで計測し、10分間隔で収集。データは2年間保存するので、いつでも閲覧できます。
  • 国際通信規格であるIEEE1888へ変換するゲートウエイ機能により、レガシーな通信規格のセンサーでも、データを一括で収集できます。

成果

  • 的確な監視と管理により、熱中症を未然に防止(年間3件→年間0件)。
  • 設備データの分析により、効果的な設備投資と作業環境の改善を実現。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00905

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。