ページの本文へ

Hitachi

IoTプラットフォーム Lumada

小売業における会員マーケティング最適化に向けたビッグデータ解析業務の自動化

お客さまのデータ分析業務を分析プロセスとして定義し自動化することで、生産性向上を図ります。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00889
  • 業種:卸売・小売業
  • 適用業務・目的:業務分析・BI

ビッグデータを用いた分析業務では、作業効率の向上や属人化の排除が課題となっています。
データ分析業務プロセスの最適化を行い、分析モデリングツールによって可視化し運用管理ソフトで自動化することで、生産性向上と分析技術の継承を支援します。

課題

分析業務の生産性向上と新規メンバーの早期スキル向上

  • ビッグデータの利活用が進み、分析業務が増加する一方で、迅速な対応が求められている。
  • 分析のためのノウハウは属人化しており、新規メンバーの育成には時間を要する。

解決策

お客さまの分析思考をモデリングツールで可視化

お客さまのデータ分析思考をプロセス化し、分析モデリングツール「IBM SPSS Modeler」によって可視化。さらに、分析頻度の高い日次/週次分析などを統合システム運用管理「JP1」によって自動化します。
これによって、属人化していた分析ノウハウの共有や、分析結果のタイムリーな活用が可能となります。

特長

フィット&ギャップ分析によって最適な分析プロセスモデルをご提供

ビッグデータ解析を成功させるには、利用目的に応じたデータの把握・加工・匿名化など前処理が重要です。
ソリューションを適用いただく際は、お客さまの業務を理解し、必要なデータ・必要な分析を、分析モデリングツールの機能とのフィット&ギャップにより、最適な分析プロセスを構築します。
自動化の際には、分析プロセスの実行タイミングなどを定義し、出力結果を確認することで、業務ロスを最小化した分析業務環境をご提供します。

成果

  • 分析対象の中で頻度の高い60種類を抽出して自動化し、約30%の生産性向上を実現。
  • 個人に依存していた分析プロセスを可視化することで、分析ノウハウの共有を可能に。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00889

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。