ページの本文へ

Hitachi

Lumada

多段階在庫サプライチェーン最適化シミュレーション

ERPシステムの蓄積データを活用したシミュレーションを行い、多段階在庫サプライチェーンの最適案を迅速に導出します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00858
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理

ERPシステムの蓄積データを活用することで、需要シナリオ・安全在庫水準・輸送手段変更時のシミュレーションを即座に行い、パラメーターの最適案を迅速に導出。最適なサプライチェーンネットワークの構築を実現します。

課題

需要変動に対応できるようサプライチェーンを最適化したい

  • グローバル競争下では需要が短期間で激しく増減。需要予測が難しい。
  • 在庫量を適正化し、需要充足率を向上したいが、具体的なプロセスが確立されていない。
  • 多段階のモノの流れを時系列にシミュレーションし、サプライチェーンを最適化したい。

解決策

ERPデータを活用したシミュレーションでパラメーターの最適化を実現

ERPシステムから、最新データ(在庫数、入庫予定、生産計画、各種パラメーターのマスター値)と、過去データ(生産計画、生産実績)などを抽出。
需要変動シナリオと合わせて、多段階在庫ポイントの部品消費量、在庫量、調達、生産変動追従性について、複数の生産計画変動シナリオを基にシミュレーション。
最適な多段階サプライチェーンの構築を実現します。

特長

最適化を実現する検討プロセス・ノウハウ

  • 対話型シミュレーションにより、各種パラメーターの変更や多角的な分析が容易にでき、迅速な分析基盤の提供を実現します。
  • 各拠点間の輸送手段変更(船便→航空便)の輸送コスト増大と変動追従性の増加効果を分析し、有効性について判断可能にします。

成果

  • 在庫量の適正化(工場手持ち在庫低減、キャッシュフロー改善)
  • 生産変動追従性向上(需要充足率10ポイント向上)
  • 迅速な分析基盤の提供(シミュレーション時間:数秒/回)

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00858

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。