ページの本文へ

Hitachi

Lumada

製造ライン作業者の逸脱作業検知による品質向上

作業者の作業を常時監視。逸脱動作を検知し、監督者に通知します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00838
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上
  • 導入実績:株式会社ダイセル

人が関与する現場において、ミスはどうしても発生するもの。監督者が作業者の動作を常時監視することは困難ですが、3次元形状を取得できる距離カメラを使って、作業者の逸脱した動作を検知。標準作業から外れた場合には監督者に通知し、監督業務の負荷の軽減、および逸脱動作の常時監視を実現します。

課題

標準作業の確認・管理をする監督者の負担を軽減したい

  • 多数のラインで、標準作業の動作が遵守されていることを確認しているため、管理する現場監督者の負担が大きい。
  • 標準作業時間と実作業時間を比較・管理する現場監督者の負担が大きい。
  • 定期検査、抜き取り検査だけでは、品質管理に不安がある。
  • 不具合発生時、異常品の影響有無や影響範囲の絞り込みが難しく、製品廃棄による損失が大きい。

解決策

逸脱動作を検知し、監督者に通知

距離カメラを用い、収集した作業者の骨格情報(手やひじ、肩などの関節の位置情報)と標準的な作業動作をリアルタイムに比較し、逸脱動作の解析を行います。本来の動作から外れた場合には、モニター画面および監督者のウェアラブル端末にアラート情報を通知します。

特長

ディープラーニングで標準動作モデルの精度向上

実作業の動作と標準動作モデルとを統計的に比較し、逸脱を検知します。

  • さまざまな作業者の動作画像を読み込み、標準動作モデルと逸脱判定のしきい値を設定。ディープラーニングで学習させることで、精度を向上できます。
  • 作業者の画像と製造実行システム(MES)の工程・タイムスタンプ情報を統合することで、不具合発生時の逸脱動作による影響の確認、影響範囲の極小化が可能です。

成果

  • 品質管理要員の作業負荷低減かつ画像解析による逸脱動作の常時監視を実現。
  • 不具合発生時の逸脱動作による影響有無の確認および影響範囲の極小化。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00838

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。