ページの本文へ

Hitachi

Lumada

後付けセンサー機器の稼動状態・位置情報分析による設置および保守作業効率化

センサー機器の稼動状態の可視化により、センサーの設置作業および保守作業の効率化を支援します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00806
  • 業種:製造業
  • 目的:設備管理

ポンプやファンなど既設の機器・設備に稼動監視用センサーを後付けする際に、センサーの稼動状態や無線通信状態をリアルタイムに把握することで、センサーの設置作業および保守作業の効率化を支援します。

課題

後付けセンサー機器の設置・保守作業の効率化

  • 工場やプラント内は電波の干渉状態が複雑になるため、センサーとゲートウェイ間で複数の無線通信中継器の位置調整が必要であり、無線通信状態や経路が現場で把握できず、センサー設置の工数増大が問題。
  • お客さまの工場やプラントに設置したセンサーの状態が不明確であることに起因する問い合わせが発生した場合、現場の詳細がわからず迅速な対応ができない。

解決策

既存の工場やプラントのIoT化を支援

既存の工場やプラントに存在するIoT化以前の機器・設備に対して、後付けで設置するセンサーの稼動状態や無線通信状態を、現場およびリモートでリアルタイムに把握。後付けセンサーの設置作業および保守対応の効率化を支援します。

特長

空間情報を用いたデータの可視化

工場やプラントの図面データと地図情報、センサーの設置位置とセンサー同士の無線通信経路を統合し、可視化。センサーの状態を把握するとともに、問題に対する早期の対策を促します。また、蓄積したセンサーの位置情報と電波強度を分析することで、センサー位置の調整や不要な無線中継機器の撤去など設置計画の立案に活用します。

成果

  • 後付けセンサー機器の普及・拡大。
  • 後付けセンサー機器の設置作業および保守対応の効率化による顧客満足度の向上。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00806

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。