ページの本文へ

Hitachi

IoTプラットフォーム Lumada

多品種少量生産の製造業における生産計画の最適化

生産工程における人やモノの各種データを収集・分析することで、生産効率の向上を実現します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00801
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:生産計画・在庫管理
  • 導入実績:株式会社日立製作所 大みか事業所

顧客ニーズの多様化や急速なデジタル化の進展、グローバル競争の激化により、多品種少量生産においても、大量生産並みの生産性を実現するマスカスタマイゼーションへの対応が求められています。RFIDの活用で、生産工程の進捗をリアルタイムに把握。
作業者の様子とモノの動態データを分析し、より精度の高い生産計画の立案を支援します。

課題

生産効率を向上したい

  • 多品種少量生産において、生産効率を向上したい。
  • 生産工程の進捗をリアルタイムに把握したい。

解決策

各種データの収集・分析で生産工程を効率化

RFIDの活用で、人・モノ・設備の動態をリアルタイムに把握し、遅延発生時の迅速な対応を可能にします。また、生産工程における作業者の様子や部品の動態データを分析し、ボトルネックになっている生産工程を検出。生産工程の改善を行い、改善結果を製品設計にフィードバックし、より精度の高い生産計画の立案を支援します。

特長

人やモノのデータを分析し生産工程の問題点を可視化

多品種少量生産の製造業での実績があります。
3DCADを活用した作業指示で作業品質を向上させるとともに、作業の様子を記録した動画を確認・分析することで、問題点を可視化できます。
蓄積した改善結果から人員・モノなど、リソースの最適配分が可能になります。

成果

生産リードタイム 50%短縮

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00801

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。