Hitachi

  • LUMADAのユースケースコード:

課題 Challenges

金融取引における不正の早期発見・対応

  • 不正なクレジットカード取引を、速やかに発見し対処することで安全性の高い決済サービスを提供。サービスの提供価値を向上させたい。
  • 不正手段が多様化する昨今、新たな不正手段への迅速な対応が困難になっている。迅速かつ容易に対応できるような取引監視をしたい。

ソリューション Solutions

金融取引をリアルタイムに監視し、不正な取引を即時検知

クレジットカードの決済、有価証券の売買、銀行口座取引といった金融取引を監視し、異常や不正な取引をリアルタイムに監視・検知します。即時検知によって、不正への早期対応ができるため、重大な不正取引はただちに取引を停止するといった対処も可能になります。

特長 Features

監視システムの柔軟な設計と容易な拡張が可能

  • 不正の検知ルール(不正と見なす条件)の追加や更新が容易なため、新たな不正手段の出現時にも迅速に対応できます。
  • 不正な取引の重大度、緊急度に応じて、ダッシュボード画面表示や、担当者へのメール通知など、さまざまな通知手段を設定できるため、柔軟な監視ができます。
  • 一部の取引監視からすばやくスモールスタートすることや、取引量の増加に応じて柔軟にシステム拡張することも容易です。

成果 Outcomes

不正取引の早期発見・対応と多様化する不正手段への迅速な対応を実現することで、決済サービスの提供価値を向上できます。

適用サービス/製品

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:


  • 効果数値は、当社調べです。
  • 記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。