Hitachi

  • LUMADAのユースケースコード:

GPS : Global Positioning System
NFC : Near Field Communication
NDVI : Normalized Difference Vegetation Index

課題 Challenges

品質の良い農作物を生産し、流通させるための労力が大きい

  • 品質の良い農作物を生産するためには、定期的な現地確認が必要であり、時間と労力を掛けている。
  • 短い収穫適期を逃すと、収穫物の品質が低下し、売価も低下してしまう。
  • 収穫した生産物をトラックに積み込み、乾燥・荷受け施設に輸送する手続きはすべて手書き伝票となっており、入力ミスが発生しやすい。

ソリューション Solutions

一連の収穫作業に各種データを活用

スマートデバイスのGPS、NFC機能と、GeoMation農業支援アプリケーションを組み合わせ、一連の収穫作業* における、生産者の作業省力化を支援します。

* 農作物の成熟度を確認しながらの収穫、収穫後の運送トラック配車、乾燥施設・保管施設への受け入れ手配など

特長 Features

衛星画像解析によって精度の高い予測を実現

広大な圃場で、畑ごとの収穫適期を決定するために、衛星画像から取得できる客観的データを活用。農作物の収穫適期を見定めるために重要である水分含有量の推定には、NDVI値を利用できます。 これによって、精度の高い予測を実現します。

成果 Outcomes

定期的な現地確認を不要とした上で、収穫適期の予測精度を向上します。
また、収穫後の輸送が的確に行えるようになり、ミスによる損失リスクを抑えます。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:



  • 効果数値は、当社調べです。
  • 記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。