ページの本文へ

Hitachi

Lumada

新旧オフィスの知的生産性の評価による業務効率化

客観的な評価の難しい組織の生産性を、従業員の行動データを基に可視化します。

  • LUMADAのユースケースコード:UC-00769
  • 業種:製造業
  • 適用業務・目的:ワークスタイル改革,AI

従業員の行動データから、組織の活性度や従業員の関係性を計測・可視化することで、オフィス環境の改善効果を客観的に評価。次の改善に向けた知見を導出し、業務効率化に貢献します。

課題

新しいオフィスの業務効率化の効果を定量的に評価したい。

  • 従業員満足度や生産性向上のために、オフィス環境を改善したい。
  • オフィス環境の改善の効果を定量的に評価したい。

解決策

オフィス環境の改善効果を可視化し、PDCAを継続的にサポートします。

従業員の行動データから、組織の活性度や従業員の関係性を可視化することで、従来は客観的な評価の難しかったオフィス環境の改善効果を定量的な指標で評価できます。改善前後の指標を比較することで、次の改善施策を導くための知見が得られます。


*

PDCA:Plan Do Check Action

特長

行動データと生産性向上の相関をさまざまな指標で可視化します。

従業員が着用する名札型ウェアラブルセンサーから、加速度情報や対面情報を収集します。これらの行動データを基に、組織内のコミュニケーションの様子の可視化や、知的生産性のさまざまな指標による定量化(コミュニケーションの活発度やデスクワークの集中度など)を行うことで、オフィス環境の改善効果を客観的に評価します。

成果

オフィス環境改善の効果を定量的に評価でき、生産性向上につなげられます。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

LUMADAのユースケースコード:UC-00769

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。