ページの本文へ

Hitachi

Lumada

AT/Hを活用した事業課題の整理

人工知能の活用で顧客価値向上のための優先課題を明確にし、改善施策を導きます。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00767
  • 業種:その他サービス業
  • 目的:課題抽出、新規ビジネス検討,AI

事業課題を整理し、的確な改善施策を導き出すために、客観的な事実を掘り下げた分析は不可欠です。Hitachi AI Technology/Hを活用した分析は、現場データに基づいて優先課題を明確にし、改善施策を導き出します。

  • AI:Artificial Intelligence

課題

顧客価値の向上につながるサービスの提供

  • ICTシステムと業務プロセスの刷新によって生産性の向上だけでなく、顧客価値の向上もめざしたい。
  • サービスの高品質化や、新規サービスの立ち上げによって課題の解決や顧客価値の向上を図りたい。
*
ICT:Information and Communication Technology

解決策

人工知能による分析と改善施策の提案

Hitachi AI Technology/Hを活用した現場データの分析によって、お客さまの事業・サービス・ソリューションで優先的に解決すべき課題の抽出と明確化を支援します。分析結果から、どのような仮説が考えられるかを掘り下げ、改善施策をお客さまに提案します。

特長

客観的な事実に基づく課題の抽出

対象となる事業・サービス・ソリューションに関わる営業、エンジニアなどの各業務部門から、問題、要望または意見をヒアリングします。このヒアリング結果と作業報告書などの記録データから数値指標を作成。お客さまが解決したい課題との相関関係をHitachi AI Technology/Hが発見、モデル化し、顧客価値向上のための改善施策を導き出します。

成果

優先的に解決すべき課題の抽出と改善施策の提案によって、迅速な施策への取り組みを促進します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00767

本ユースケースを共有する



*
2017年3月時点で研究中のユースケースです。
*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。