ページの本文へ

Hitachi

Lumada

組織活性化(ウェアラブルセンサ活用):組織マネジメントの最適化

従業員の行動データを計測、可視化、分析し、生産性を向上させる改善施策をご提案します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00206
  • 業種:製造業
  • 目的:プロジェクトマネジメント強化,AI

従業員の満足度を向上し、組織を活性化させることは、業績やサービス品質の向上にもつながると言われ、企業にとって重要な事柄の一つです。日立のAI技術によって、組織の活性化につながる事象を抽出し、新たな仮説の発見を支援します。

  • AI:Artificial Intelligence

課題

IT部門のマネジメント状況と従業員の満足度の客観的な評価

  • 各部署のマネジメント状況を客観的に評価するための指標を定義したい。
  • 従業員の満足度に関するアンケート調査の結果を客観的な指標で検証したい。

解決策

組織の活性度の可視化と活性化に向けた改善施策の提案

従業員の行動データを計測し、組織の活性度を可視化します。また、計測結果を人工知能「Hitachi AI Technology/H」によって分析することで、組織の活性化に向けた改善施策を提案します。

特長

容易な導入で、客観的な評価と具体的な改善施策を提案

  • 名札型ウェアラブルセンサーを身に着けるだけでよいため、容易な導入でこのサービスを利用できます。
  • 従来、客観的な評価が困難だった組織の職場環境を数値化するため、組織の活性度を定量指標によって評価できるようになります。
  • 2004年からの研究開発で培った、日立の人間行動の客観計測技術に基づいた手法を活用しています。行動データから企業の業績向上策を見出す手法と、AI技術による分析で、具体的な改善施策を導きます。

成果

組織の活性化

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00206

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。