ページの本文へ

Hitachi

Lumada

流通業向け倉庫温度監視

倉庫内の温度監視を自動化。飲食品の安全性確保、商品管理の信頼性確保を実現します。

  • Lumadaのユースケースコード:UC-00018
  • 業種:卸売・小売業
  • 目的・課題:商品管理

倉庫内の冷蔵庫/冷凍庫の温度データを基に、庫内の商品温度を24時間監視。温度異常検出時はメールで通知。温度監視の自動化が、飲食品の安全を確保し、商品管理の信頼性を高めます。

課題

安全性・信頼性のカギは商品の温度管理

  • 温度管理の適正化により警報の誤発報を抑止したい。
  • 食中毒などブランドイメージ低下のリスクを回避したい。
  • 温度管理に関する顧客クレームに迅速に対応したい。
  • ISO22000食品安全マネジメントシステム(FSMS)やHACCPの認証取得と維持管理負担を軽減したい。
*
ISO : International Organization for Standardization
*
FSFM : Food Safety Management systems
*
HACCP:Hazard Analysis and Critical Control Point

解決策

温度監視の自動化

倉庫内の冷蔵庫/冷凍庫の温度データを収集し、庫内の商品温度を24時間監視します。

  • 商品温度の推移は常時閲覧
    商品温度がしきい値を超えると、即時に検知、警報を発報して迅速な対応につなげます。
  • 商品温度データを証跡データとして利用
    温度管理に関する顧客クレームに対して、商品の取り扱いに落ち度が無いことが証明できます。

特長

データの蓄積はノウハウの蓄積

倉庫内の冷蔵庫/冷凍庫の温度をセンサーで計測し、10分間隔で収集したデータを2年間蓄積します。
各商品には、温度変化係数を設定。温度と温度変化係数から、商品温度をシミュレーションします。
温度変化係数やシミュレーション対象商品の選定基準はノウハウとして蓄積。ノウハウに基づく信頼性の高い商品温度シミュレーションは、霜取り期間に定常発生する急な温度上昇時でも、適正な商品温度を算出できます。
年1回の校正サービスで継続的な運用を実現します。

成果

安全性・信頼性の高い商品管理を通して、管理コストの低減やブランドイメージの向上に貢献します。

お問い合わせ

本ユースケースについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ユースケースコードをご記入ください。

Lumadaのユースケースコード:UC-00018

本ユースケースを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。