ページの本文へ

Hitachi

IoTプラットフォーム Lumada

2018年5月24日

株式会社日立製作所(以下、日立)は、ガートナーが発行する「Magic Quadrant for Industrial IoT Platforms」*レポートにおいて、IoTプラットフォームLumadaが掲げるビジョンが高く評価され、「ビジョナリー」クアドラントに位置づけられました。

*
ガートナー「Magic Quadrant for Industrial IoT Platforms」、Eric Goodness, Ted Friedman他著、2018年5月10日

ガートナーのマジック・クアドラントは、特定の市場におけるリサーチの集大成であり、市場内で競合するベンダー各社の相対的な位置付けを広い視野から提示します。

詳細については、以下のニュースリリースをご参照ください。

また、IoTプラットフォームLumadaについては以下をご参照ください。

マジック・クアドラントについて

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

他社商標表記

  • ガートナーは、Gartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービス・マークであり、同社の許可に基づいて使用しています。
  • その他、記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。