ページの本文へ

Hitachi

Lumada

交通データ利活用サービス

IoT・ビッグデータを活用した新たな付加価値サービスを創出し、渋滞解消、円滑な移動による、安全・安心・快適な交通社会を実現します。

  • 業種:運輸業
  • 適用業務・目的:製品・サービス品質向上

近年、道路交通の課題解決に向けて交通関連データの利活用に向けた取組みが進んでいます。日立は、道路・交通事業者などが所有するプローブ情報や起終点情報などの交通関連データから交通需要や輸送需要を多面的に分析・可視化する「交通データ利活用サービス」を提供します。本サービスにより、渋滞対策や運行計画の最適化など、利用者・乗客向けサービスのさらなる向上や、道路・交通事業者の従来業務の改善を支援します。
日立は、本サービスを交通データ分析プラットフォームを構築して分析環境を提供するサービスと、データをお預かりして分析を代行*するサービスを提供します。

*
各種データは、道路・交通事業者などが、利用者・乗客から適切に取得することを前提とします。日立は、データを道路・交通事業者からお預かりし、セキュアな環境下で分析します。

特長Features

Point1

高精度な位置補正技術による高精度データを提供

分析精度を向上させる高精度な位置補正技術により、課題解決のための現状把握、施策検討、効果測定に活用できる高精度位置データを提供できるため、データ分析、見える化技術の活用により、経営効率化・収益向上に貢献します。

Point2

交通需要などのデータ分析・見える化

プローブ情報を活用した交通状況把握・渋滞の分析と可視化や、乗降の統計情報を活用したバスの輸送効率最適化など、経営効率化や収益向上の基礎データを提供します。

  • 高速道路会社における適用例
    過去の実績から生成した独自の交通量推定モデルにより、一部車両のプローブ情報から交通量を算出できます。また、各道路における車両の混雑状況や各区間の所要時間を地図やグラフなどで可視化し、今後の交通需要予測に役立てることができます。
  • バス事業者における適用例
    事業者が保有する起終点情報及び車両位置情報から混雑状況を把握することができます。バス路線ごとに、時間帯・停留所間の乗客人数をかんたんな操作で視覚的に表現し、運行計画の見直し・路線改良などの検討を可能にします。
  • Point3

    トライアル施行が可能

    PoCによるトライアル試行を実施可能です。
    短いサイクルで仮説検証を繰り返し、業務のPDCAサイクルに組み込みながら価値を高めていくアプローチを活用し、最適な運用を目指します。

    お問い合わせ

    本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
    お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

    本ソリューションを共有する



    *
    効果数値は、当社調べです。
    *
    記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。