ページの本文へ

Hitachi

Lumada

GeoMation 空間情報IoTプラットフォームサービス

IoTと空間情報サービスの実績を凝縮

  • 業種:運輸業
  • 目的:設備管理,車両・輸配送管理,製造現場支援
  • 検証実施:株式会社村田製作所,日立建機株式会社

車両・ヒト・モノの位置情報の管理を、もっと手軽に簡単に!
国内IoT市場は、「IoTデバイスの技術革新」「安価なIoTネットワークの台頭」「クラウドを利用した解析技術の向上」などにより大幅な拡大が予想されます。
お客さまやソリューション提供者に対し、「位置情報を取得するIoTデバイス」と「位置情報付きデータの管理」をセットにしたプラットフォームをサービスとして提供します。

特長1

APIで簡単に連携できる!(データのやり取りなど)

IoTデバイスから収集される位置や稼動情報などを登録・抽出するAPIにより、基本的な時空間データの操作が可能です。

特長2

さまざまなIoTデバイスに素早く対応できる!

IoTデバイスから収集されるさまざまなフォーマットのデータも、ETL(※)ツールを用いることで容易にプラットフォームに取り込めます。

*
Extract Transform Load

特長3

図面・地図コンテンツが利用できる!

工場のフロア図やプラントの敷地図面などの取り込みに対応し、屋内・屋外の位置情報をシームレスに活用できます。

特長4

マウスによるイージーオペレーション

導管入力からファイリング情報参照まで、すべての操作はマウスオペレーションにより実行可能。OAソフト感覚の簡単操作の実現により、業務に携わる方全員がマッピングオペレーターとして操作できます。

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。