ページの本文へ

Hitachi

Lumada

スマートIoTサービス

「スマートIoTサービス」は、データの収集・管理・見える化・異常検出時の警報自動通知などを提供するクラウドサービスと各種SIサービスを、トータルでサポートいたします。

  • 業種:製造業、運輸業、飲食店、宿泊業
  • 適用業務・目的:商品管理
  • 導入実績:大型飲食チェーン店

「スマートIoTサービス」は、お客さまの店舗・ビルのフロアなどの管理拠点で温度・湿度・電力・CO2濃度などの環境データや産業用機器の稼働データを自動収集し、それらを当社データセンターに構築するクラウド環境に蓄積します。収集データのクラウド環境への送信は、3G/LTEを使用したモバイル通信により、簡単に環境を構築できます。

特長Features

Point1

遠隔監視の自動化

「スマートIoTサービス」は、収集した機器・センサーのデータを全てクラウド上のサーバーに蓄積し、常に異常を監視します。収集データ監視中に異常*1を検知した場合は、店舗・ビル・工場などの管理者に対して「どのような異常」が発生したかを警報として通知*2します。
監視時間帯は曜日ごとに設定可能で、24時間業務や臨時業務日、停電時間の設定も可能です。これらきめ細かな監視の自動化により、運用コストの削減や、異常の即時検知と即時対応が可能となり、お客さまのサービスの品質向上に貢献します。

*1
異常の条件は機器・センサーごとに設定可能
*2
通知手段に関しては、後述する「多彩な警報通知手段」を参照

Point2

多彩な警報通知手段

「スマートIoTサービス」は、さまざまなお客さまのニーズに応えるために、異常検知時の警報の多彩な通知手段をご提供します。メール・電話・FAX*3を基本の通知手段とし、お客さまの環境やご要望に応じて別の通知手段もご相談可能です。お客さまの状況に適した警報通知で、お客さまの高品質なサービス運用を支援します。

*3
電話・FAXによる通知は、オプションサービスとなります

Point3

ユーザー管理にもとづく見える化とレポート機能

「スマートIoTサービス」では、お客さま専用のホームページをご提供し、PCやスマートフォンのブラウザからいつでもアクセス可能です。
ユーザー管理機能により専用ホームページでは、ユーザー権限に応じた機器やセンサーの最新の稼働状況確認・グラフ表示・温度や警報の履歴ダウンロードなどが可能です。これにより適切な情報開示範囲で、好きな時に必要な情報を取得することができます。

スマートフォンでの見える化は、管理者の方が、外出中に警報受信した場合でもリアルタイムなデータをチェックでき、迅速かつ的確な指示ができます。
またPCでの見える化では、ソートやフィルター機能をサポートし、任意の日時から期間を指定しての過去データの表示が可能です。この表示にもとづいたデータをファイルとしてダウンロード可能で、ダウンロードしたファイルでは、異常発生時のデータは赤字で表示されます。

Point4

広範な応用分野

「スマートIoTサービス」は、次世代BEMS・スマートグリッド向けに開発されたインターネットと親和性の高いIEEE1888プロトコルにも対応しているため、システムの構築に際して、お客さまが保有している既存のインフラ設備・機器・センサー類を流用でき、過去の投資を有効に活用できます。
また、さまざまなサービスとシームレスに接続することができ、広範な分野のIoT/M2Mシステムを構築することができるとともに、中小規模施設や大規模ビルから、隔地の複数拠点にまたがった広域での情報収集・制御など、容易かつ段階的なシステム拡張が可能です。

Point5

早期導入

今までのIoT/M2Mソリューションで培ったノウハウを生かし、「スマートIoTサービス」は、短期間での導入・運用開始が可能です。

お問い合わせ

本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記のフォームにてお問い合わせください。
お問い合わせの際には、ソリューションのタイトルをご記入ください。

本ソリューションを共有する



*
効果数値は、当社調べです。
*
記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。