ページの本文へ

Hitachi

IoTプラットフォーム Lumada

Lumadaとは

バリューチェーンをつなぎ
経営課題を解決するIoTプラットフォーム。

「Lumada」
Lumadaの語源は、“illuminate(照らす・輝かせる)“+“data (データ)”です。
「お客さまのたくさんのデータに光を当てて隠れた関係を解明していくことで、
お客さまの事業に役立つ知見(insight)を得ることをめざす。」という思いを込めています。

OTとITの実績を凝縮

デジタル化する社会

IoTの進展により、さまざまな「モノ」のデータがかつてない勢いでつながりはじめました。
このデジタル化にともない、今多くの企業においてデータ分析により環境の変化を的確に捉えるデータドリブン経営が加速。
さらには、データをつないでバリューチェーン全体を最適化し、改善を超えて新ビジネス創生をめざすデジタルソリューションへの取り組みが多くの企業で進んでいます。

OTとITを併せ持つ日立

日立には、長年、磨き続けてきた現場を動かす制御技術(OT)とデータの分析・活用技術(IT)を駆使し、社会インフラから企業システムにいたる豊富なソリューションの実績があります。
例えば、経営部門から現場にいたるバリューチェーン上の設備・機器とモノと人をデジタルでつなぎ、人工知能によりデータを分析。
その結果を再び、現場へフィードバックすることでさまざまな経営課題に対して成果を挙げてきました。

OT:Operational Technology

図:OTとITを併せ持つ日立

デジタルソリューションを迅速に

日立では、これら豊富な自社およびお客さまのユースケースを汎用的に使えるよう「ソリューションコア」としてひな型化。
このソリューションコアの適用によりお客さまのデジタルソリューションを迅速に実現する――それが、IoTプラットフォーム「Lumada」です。

Lumadaが経営課題の発見からコスト削減、品質向上さらにはお客さまとの協創による新ビジネスの創生までを支援します。

図:デジタルソリューションを迅速に

3つの特長

つながり、拡張する、高信頼なIoTへ

オープン(Open)
Lumadaは、オープンな構造で設計されています。
お客さまの既存アプリケーションやOSSなど幅広い技術との連携はもちろん、多くのOT/ITパートナーとも接続でき、お客さまのイノベーションをきめ細かく支援できます。
適用性(Adaptable)
Lumadaは、適用性に優れています。
レガシーも含め多様なシステム、プラットフォームと柔軟に接続でき、例えば製造・物流・販売といった企業や業種の壁を超えたバリューチェーンの中核としてトータルサポートを提供できます。
高信頼(Verified)
Lumadaは、すでに検証・実用化された技術で構成されており高信頼です。
日立グループが自らのデジタルソリューションに活用した制御技術、業界を超えて豊富な実績を上げている人工知能技術などで構成されています。

協創による課題解決

潜在する課題の発見からビジネス実装まで

まず、お客さまとともに日立の顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を用いて、ビジネスの課題を浮き彫りにします。
そして改善への仮説を人工知能を用いて導き出し、それをもとにソリューションのプロトタイプをつくります。
実際に目的の結果が得られるのか、実現可能性をお客さまと検証した後に、Lumadaを活用して迅速にソリューションを開発。
リリース後も環境の変化に応じたサポートを行います。

図:協創による課題解決

迅速な価値創生

OTとITのユースケースのひな型化

日立には、OTとITの豊富なユースケースがあります。
例えば、データ収集・分析を行うPentahoソフトウェアは現在1,500を超えるお客さまに利用されています。
さらに人工知能 Hitachi AI Technology/Hは、物流倉庫での作業効率向上やホームセンターでの顧客単価アップといった実績をすでに60件近くあげています。
また鉄道・電力・エネルギーといった社会インフラ分野を中心に、リアルタイム制御、セキュリティ、ロボティクスなどによるソリューションで安全・安心を提供しています。

このような日々蓄積される世界中のユースケースを汎用的に使えるよう"ひな型化"したものが「ソリューションコア」です。
Lumadaでは、OTとITが融合した効果実証済みのソリューションコアをお客さまのビジネスに適用し迅速な価値創生を実現します。

図:迅速な価値創生

バリューチェーン全体の最適化へ

Lumadaは、社会インフラや工場、物流や店舗などそれぞれの現場の改善を支援します。
さらにLumadaなら、各々のIoTプラットフォームを他社構築のものも含めてグローバルに連携、協調させることができます。
これにより、フルバリューチェーンの全体最適化が実現。
多様化するニーズに合わせてカスタマイズされたサービスを、タイムリーかつ低コストで世界中に提供するなど、
現在では想定できない新しいビジネスの創生の基盤として、お客さまに大きな価値を提供します。