ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

未来につながる先端技術 Leading Technology

市場変化のスピードや複雑さが増す中、求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進。
その鍵となるのが、「Leading Technology」先端技術の活用です。ガラス棟7Fに新たに登場する展示会場「Leading Technology」では、デジタルトランスフォーメーションの推進を支える主要なテクノロジーを多数展示いたします。
デジタルが魅せる未来を、ご来場のうえ、体感してください。

展示

東京国際フォーラム ガラス棟7F 展示会場

VR空間に広がるソースコードに潜入体験!

システム開発を3次元で実現したらどうなるか?
日立はシステムの内側の構造をバーチャル空間に表現する研究を行っています。
本展示では、VR機器を装着して頂き、自由にシステムの内側を探検することができます。
また、2次元では表現することが難しかったシステム全体の構造と処理同士の関係性を、今までになかった視点で把握することができます。

お客さまの求める場所へソリューションを素早く提供 Lumada Solution Hub

近年、市場変化のスピードや複雑さが増す中、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が求められています。
一方、DX実現に向けた各プロセスにおいて、さまざまな専門技術やノウハウが必要であり、膨大なコストと時間がかかります。
Lumada Solution Hubは、お客さまとの協創により培った技術・ノウハウを結集したLumadaソリューションやアプリケーション開発環境を導入しやすい形にパッケージ化してカタログに登録し、クラウド基盤上で提供するものです。
本展示ではLumada Solution Hub全容についてご紹介します。

ブロックチェーン導入を加速するサービス&ソリューション

B2Bビジネスでブロックチェーンを活用して高信頼に資産や情報を移転したいものの、コンソーシアム型の代表的なフレームワークであるHyperledger Fabricのさまざまな機能を活用するには作り込みが必要で、新しい技術に馴染みがないシステムエンジニアにとっては多くの課題があります。
本展示では、ブロックチェーンのシステムを迅速に構築するテンプレートや高信頼化を実現する共通部品、安定性の高い取り引きを支援するサービスなど、ブロックチェーンの導入検討から開発支援、環境提供まで、ブロックチェーンの導入を加速する日立のサービス・ソリューションをご紹介します。

DX時代のエンタープライズアプリケーション

DXの鍵となるデータの利活用とアプリケーションのデリバリースピード。そのためにはデータの整形やクレンジングといった準備や、DevOpsを実現するアプリケーション開発基盤、アジャイル開発手法の導入など、従来とは異なるアプローチが不可欠です。
本展示では、レガシーシステムのマイグレーション、ビジネス環境に合わせた変革と最適化、これらを具現化するアプリケーションフレームワークや開発支援ツール、そして全体をドライブするメソドロジーとコンサルティングなど、アプリケーションライフサイクル全般をカバーし、開発サイクルの短縮と継続的改善をご支援する日立のエンタープライズアプリケーションサービスをご紹介します。

JP1がめざすITシステム運用の未来像、AIとの融合

企業のデジタルトランスフォーメーションが進むにつれ、新しいシステムと統合・集約化していくシステムの最適な運用、煩雑な運用業務の効率化が情報システム部門に求められています。こうした状況を踏まえ、統合システム運用管理 JP1は、運用データの統合、人の作業をAIにシフト、そしてその先には人手を介さない運用(NoOps)の実現をめざしています。本展示では、NoOps実現に向けたJP1の進化として、IT環境全体に関わるデータの統合・可視化、AIやRPAを活用した業務効率を向上するソリューションをご紹介します。

デジタルビジネスを支えるストレージソリューション

ITを活用したデジタルトランスフォーメーションの推進には、企業が保有する「データ」とデータの価値を高め、活用するための「ITインフラ」が重要です。本展示では、高い性能/可用性に加え、コンテナ連携など、基幹システムからデジタル基盤まで多様なワークロードを統合する新エンタープライズストレージと、データの保護/集約/活用までデータ活用をトータルで支援するソリューションをご紹介します。

ビジネス変革へ柔軟に対応する日立HCI*ソリューション

ビジネス環境の急速な変化に対応するため、IT基盤の柔軟な拡張と容易な運用管理を両立するHCIが注目されています。
日立はHCIの導入効果を最大化するために、導入から運用までをワンストップで支援する「日立HCIソリューション」を提供しています。
本展示では、HCIならではのリソース監視やノード拡張、バージョンアップ作業を効率化し運用工数削減に寄与する「HCI Content Pack」をご紹介します。

*
ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)

IT基盤のモダナイズとクラウド利活用を加速するサービス

ビッグデータや機械学習、DevOps等を活用するためのIT基盤のモダナイゼーションとして、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの導入が進みつつあります。本展示では、複雑化するIT基盤運用におけるお客さまの課題を解決するため、クラウド移行を支援するサービス、複数のデータセンタにまたがるITリソースの最適化を支援するサービス、日立ストレージとクラウド間のデータ連携を支援するサービスなどについてご紹介いたします。

CMOSアニーリング

人員配置最適化や金融ポートフォリオ最適化などをはじめとする、実社会の複雑な問題を高速に解くために、実用的な近似解を高速に求めるCMOSアニーリングを開発しています。本展示では、社会課題における最適化ソリューションを解決する日立のソリューションである本技術のデモンストレーションをご覧頂きます。

XAI:説明可能な人工知能

AI技術が進展して多種多様な業務へのAI適用に期待が高まると共に、これら技術への不安も高まりつつあります。
本展示では、人命や財産に関わる重要な意思決定などにも安心して使えるAIの実現に向けたXAI:説明可能なAIの技術について、デモンストレーションを交えて、ご紹介します。

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO お申し込みはこちらから

Hitachi Social Innovation Forum 2019

日時:2019年10月17日(木)・18日(金)
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区)

*
Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOにご参加いただくには、事前のご登録が必要です。
オフィシャルサイト「事前登録」ページよりお申し込みください。

オススメ記事