ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

第3回 AI・人工知能 EXPO 日立グループ 出展のご案内

日立のソリューションをご紹介します。

開催概要

開催概要
会期 2019年4月3日(水)〜5日(金)10:00〜18:00
会場 東京ビッグサイト(東京・有明) 青海展示棟
入場料 招待券持参者は無料

出展案内

もっと強く次世代の現場力 〜現場からはじめるビジネス変革〜

機械学習自動化・データ準備支援ソリューション AIモデリングツール・TIBCO Spotfire

遺伝的アルゴリズムを用いた機械学習自動化で、複雑な問題の予測モデル作成の効率化をご提案します。予測精度を左右するデータ準備プロセスに対しては、Spotfireでのアドホックなデータ分析の活用をご提案します。

見るAIによるセルフインストレーション支援ツール 
TechSee Eve(同時ご紹介:TechSee Live)

TechSee Eveはイスラエル発のAI画像認識によりユーザー自身による設定を支援するツールです。TechSee Liveは、スマホカメラを専用アプリなしで送信できるワンタイムの接続に強い現場確認用クラウドサービスです。

設備や品質の異常予兆を早く、高精度に検知 予兆・診断システム「BD-CUBE」

機械学習、パターン認識技術を用いたプロセス解析ソフトウェアです。既存センサーのデータ(温度・圧力・流量値など)から“いつもと違う状態”を高精度に検知し、プロセス異常の早期発見、要因解析の効率化をサポートします。

生産性向上を促進するディープラーニング解析ソリューション 目視検査代替サービス

製造業では、品質検査を目視で行っていますが、過酷な作業のため人材確保が困難であったり、または人材をより最適配置したいというニーズがあります。本サービスは、ディープラーニング技術を用い、このようなお客さまのニーズに応えます。

未来を予測し生産性向上や危険回避に寄与するAI 状態予測エンジン

製造装置や製品を監視するIoTデータから機器の故障や品質低下および危険の事前予測を可能とするAIソフトウェアです。識別、予測を活用した現場改善を、デモンストレーションを交えてご紹介します。

現場の安全・安心確保をリアルタイムに支援 
エッジコンピュータを用いた画像認識ソリューション

エッジコンピュータを用い単眼カメラ画像からリアルタイムに物体を検出、物体までの距離を推定・表示し、工場内・工事現場、交差点、駐車場内外等、さまざまな現場における安心・安全の確保を支援します。
今回、新たにパソコン版もリリースし、高精度な画像認識を可能にしました。

人の目にかわりAIが検査判定業務を実施 AIプラス 検査・判定ソリューション

「人が目で見て確認している業務」をAIの画像認識技術が人の目に替わり、検査対象の特徴、判定の対象エリア、検査の項目、判定の基準などにあわせ検査・判定を実します。

ダメージ情報管理のシステム化で管理の手間・精度を向上 
貨物ダメージ情報管理ソリューション Damage Tracer

面倒な貨物のダメージ情報管理。貨物の画像を撮影するだけでダメージのある貨物をAIが自動判別し、ダメージ種別、ダメージレベルを判定。ダメージ部分にも自動マーキング。

“高品質のAIモデル”をユーザー自身で気軽に作成 AIプラス 画像AIモデル作成サービス

AIが画像データを認識・判定する“AIモデル”の作成・検証をクラウド上でユーザー自身が低コストかつスピーディに行うことができます。


AI健康管理アドバイザー

カンファレンスにAIを参加させてみませんか? awina

回復期リハビリテーション病棟で、医療従事者のカンファレンスで利用します。
入院患者の回復度合い、リハビリプログラム、退院日を予想することで医療現場、患者およびその家族にメリットをもたらすAIとなります。

健康的な食生活をAIが簡単便利にサポート AIプラス 食事画像判定・栄養情報提供サービス

食事の写真画像をAIが学習、メニューを自動判別し「食品成分・栄養素」を自動算出。何を食べたかを簡単に記録でき、一週間の栄養バランスを見ることで食生活を整える気づきを与えます。

AIが食材から豊かな食生活をサポート AIプラス 食事画像判定・栄養情報提供サービス

食材の写真画像を学習したAIによる食材判定とレシピレコメンドのAPIサービスを提供します。
複数の食材から、調理方法の提案、IH家電連携でオートメニュー自動設定など、よりスマートな食生活を実現します。


ビジネスに変革をもたらすAIテクノロジー

継続利用でAIが自ら成長する問合せAI AIプラス 問い合せ対応AI & チャットインタフェース

チャットインタフェースと継続利用することで学習し続ける問合せ用AIモデルを提供します。主に特定製品の問合せや、社内ヘルプデスク等への活用に効果的です。

ディープラーニング専用モデル SR24000モデルDL1

NVIDIA Tesla V100を最大4基搭載し、CPUとGPUがNVLinkで直結するディープラーニング専用モデルです。

ディープラーニングクラウドサービス

ディープラーニングをまずは試してみたい、ハードウェア資産を持たないでサービスとしてディープラーニングを活用したいというさまざまなニーズを持つお客さまがいらっしゃいます。
本サービスはクラウド環境で、このようなお客さまの課題やニーズに応えます。

生産性向上を促進するディープラーニング解析ソリューション DL帳票認識サービス

金融/運送業などでは、帳票/伝票の汚い手書き文字が既存OCR技術で読み取れないため、入力業務効率が上がらないという課題があります。本サービスは、DL技術を用い、このようなお客さまの課題やニーズに応えます。

出展ブースご案内

出展ブース案内図

共同出展社

  • 株式会社 日立製作所
  • 株式会社 日立情報通信エンジニアリング
  • 株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
  • 株式会社 日立超LSIシステムズ
  • 株式会社 日立ハイテクソリューションズ