ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

東京証券取引所は、デジタルトランスフォーメーション(DX)にどう対応しているか?:

DX時代、従来型企業の情シスが担うべき役割、持つべきスキルとは?

DXが進展し、各業種でITサービス開発競争が活発化している。だが最初からテクノロジの戦いに特化した新興企業とは異なり、既存業務/既存システムを持つ従来型企業が、DXに乗り出す上ではさまざまな課題があるのが現実だ。ではこうした中、「ビジネスへの寄与」が求められている情報システム部門は、どのような役割を担っていくべきなのだろうか?
東京証券取引所IT開発部 清算システム担当課長の箕輪郁雄氏と、日立製作所 JP1 エバンジェリスト 加藤恵理氏の対談に、その答えを探る。

「止めてはならない既存システム」を持ちながら、どうDXに対応するか

DXが進展し、IT活用の在り方が収益・ブランドを左右する状況の中で、情報システム部門(以下、情シス)の役割が大きく変わりつつある。従来のように「求められたシステムを作る」「担当システムを安定運用する」だけではなく、「いかにITを活用すれば、ビジネスの成果に寄与できるか」を自ら考え、提案する主体的なスタンスが強く求められている。だがその具体像については、いまだ情報が少ないのが現実だ。

今回は、日本取引所グループ(以下、JPX) 東京証券取引所 IT開発部 清算システム担当課長の箕輪郁雄氏をゲストに迎え、日立製作所のJP1エバンジェリスト 加藤恵理氏の対談を実施。「既存システムを守りながら、差別化につながる新たな価値を生み出す」というミッションに、どのようなスタンスで取り組んでいるのか――両氏の対談から“ビジネスに寄与する情シス”の具体像を探った。

「求められる情シス」と「不要な情シス」の分かれ道とは

箕輪郁雄氏
箕輪郁雄氏
日本取引所グループ 東京証券取引所
IT開発部 清算システム担当課長

編集部  近年は仮想化、クラウドの浸透を受けて、企業のITシステムは複雑化の一途をたどり、運用管理の在り方にも抜本的な見直しが迫られています。またDXの進展を受け、「攻めのIT活用」も重視されています。こうした中で、情シスの役割はどう変わってきたと見ていますか?

箕輪氏  一昔前の情シスの役割は、事業部門の要望をシステムの観点で翻訳し、ベンダーに依頼することが中心でした。ただ、この10年の間にITは大きな変革を迎え、最近ではブロックチェーンのような新しい技術も次々と登場しています。そんな中、情シスも「新しい技術をビジネスにどう生かしていくか」を主体的に考える必要が出てきました。一言で言えば、事業部門と一緒に“ビジネスを作り上げる”必要が出てきたと感じています。

加藤恵理氏
加藤恵理氏
日立製作所 JP1エバンジェリスト

加藤氏  それはお客さまと話していても感じますね。実際、企業の経営層もビジネスへの寄与を求めていることを、情シスの方々は強く感じていらっしゃると思います。また、システムを通じて全社のビジネスの仕組み、流れを俯瞰できる情シスは、本来は収益向上や業務効率化について、改善提案することもできる立場です。しかし、システムの複雑化や人員不足を受けて、日々の業務に忙殺されがちな現実があります。ベンダーとしては、今求められている情シスのミッションに注力するためには、まず目の前の運用負荷を低減することが重要だと考えています。

編集部  システムの開発・運用を通じて「ビジネスの成果にどう寄与するか」が強く求められているわけですね。数年前からそうした傾向が強まる中で、「情シス不要論」も叫ばれてきたことについてはどうお考えですか?

箕輪氏  事業部門とベンダー、SIerの間に立って、ただ“翻訳”するだけの情シスはいらなくなっていくと思います。必要とされるのは、やはり「ビジネスニーズを理解して提案できる情シス」です。ビジネスの実態に基づいて「この課題にはどのようなソリューションがマッチするか」「どのようなビジネスプロセスを作れば効率的か」といったことを考えられる人材は重宝されると思います。

実は先日、イギリス・ロンドンのFinTech企業を視察に行ったのですが、印象的だったのは、FinTech企業の多くはIT企業でありながら、ビジネスの話をしていたことです。ITは使うことは大前提なのですね。その上で「どうビジネスを行うか」を議論している。情シスもそうした流れの中にあると感じています。


◆本編の続きはこちら◆「Hitachi IoT Platform Magazineメール」読者さま限定 コンテンツ

「Hitachi IoT Platform Magazineメール」読者さま限定で本コンテンツの続きをPDF形式にてご覧いただけます。

レポートダウンロード

  *
日立ID会員サービス、Hitachi IoT Platform Magazineメールに登録する必要があります。

特記事項

  • このページは、アイティメディア株式会社が運営する@ITに2017年7月10日 に掲載されたコンテンツを再編成したものです。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

オススメ記事