ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

2018年5月、東京ビッグサイトにて「2018 IT Week春 第7回IoT/M2M展」。日立ブースでは、ご来場者の皆さまへ日立が考える先進のスマートファクトリーをご紹介しました。ここではお越しになれなかった皆さまのために、モノづくりの進化へ着実に成果を上げている日立のIoTソリューションを選りすぐってご紹介します。


OT×ITで新たな価値を創出するスマートファクトリー

日立は、これからのスマートファクトリーでは、「新たな価値を生む仕組み」と「新たな価値を守る仕組み」、この2つが両輪として必要だと考えています。「価値を生む仕組み」とは、生産現場のさまざまなデータを「工場IoT共通基盤」に収集・統合し、AI分析などにより新たな価値を創出するものです。さらに、この価値を生む仕組みをいかに継続的に運用するか、が重要性を増していきます。すなわち「新たな価値を守る仕組み」です。IoTの時代、現場の制御システムはつねに外部システムとつながり、その結果、さまざまな新たな脅威に晒されることになります。その中でスマートファクトリーは、滞りなく稼働し続けなければなりません。スマートファクトリーの構築とは、いわば価値を最大化するための継続的改善サイクルの実現です。厳しい競争を勝ち抜くためにはこのサイクルを止めるわけにはいきません。日立は「勝つためのIoT」をお客さまに提供するべく「価値を生む」と「価値を守る」を両輪に、ソリューション開発に日々取り組んでいるのです。

品質試験ログデータの見える化・分析で品質試験工程を最適化

長年にわたって日立がその技術を培ってきたITとOTを連携・融合させることで、多種多様なデータの利活用を図り、製造現場の課題解決と新たな価値創出をめざす日立独自の「スマートファクトリー」が注目を集めています。ログデータの見える化とAIによる分析を通じ成果をあげたユースケースとして、日立製作所 神奈川事業所で取り組んだ「品質試験工程の最適化」について、ご紹介します。

生産状況のリアルタイム見える化と計画精度の向上による、納期遵守への取り組み

日立産機システムの習志野事業所では、モーターやインバータといった製品を生産しており、複雑な産業機器生産ラインのため、何らかの問題でラインの流れが滞ったり止まったりすると、どの工程に原因があるのかを把握することは、一筋縄ではいきませんでした。
レポートでは、生産ラインの各工程からリアルタイムに収集したデータを見える化し、問題点を分析して現場へフィードバックすることで、生産計画の精度を向上させ、生産遅延をなくすことによる納期の遵守に取り組んだユースケースをご紹介します。

オススメ記事