ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

2018年10月、東京国際フォーラムにおいて「Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO」が開催され、たくさんのご来場者の方へ、豊かな社会の実現に向けて社会イノベーションを協創する日立の取り組みを幅広くご紹介しました。ここではお越しになれなかった方のために、「Digital Transformation, Lumada」、「SECURITY」、「WORKSTYLE INNOVATION」の3つのカテゴリーについて、編集部が会場でキーパーソンにインタビューした、お客さまとの取り組み事例や経営課題解決につながるヒントなどをご紹介します。



WORKSTYLE INNOVATIONについて園田さんに伺いました。


イキイキ社員が増えれば、生産性も向上する

今、多くの企業のIT担当者が全力で取り組んでいるワークスタイル変革。業種・企業規模によって異なるその課題を、日立はどんなソリューションで解決するのでしょうか。園田さんに伺います。

まず、日立が考えるワークスタイル変革とはどんなものでしょうか。
日立は、「ワークスタイルはデジタルで変えられる」という発想のもと、「イキイキ社員」を増やし「生産性」を高めることをワークスタイル変革のゴールに見据えています。
時短に向けて「生産性」の向上が欠かせないのはわかりますが、「イキイキ社員」を増やす、とはどういうことですか。
イキイキ社員とは、いつも高いモチベーションを持って、仕事にワクワク感を覚えながら働く社員のことです。長時間労働への対策はもちろん大切ですが、これからますます働き手が不足するなか、時短だけに主眼を置いたワークスタイル変革では不十分です。イキイキと働く社員が増えれば、必然的に生産性が向上するはず。日立はそう考えています。
つまり、長時間労働対策の先まで日立は見据えているわけですね。そうは言っても、まだその段階までワークスタイル変革が進んでいない企業も多いのではないですか。
もちろん、企業によって変革のフェーズはさまざまです。そこで日立は、4つのカテゴリーに分けてワークスタイル変革のためのソリューションを用意し、お客さまの課題に応じたご提案をさせていただいています。



1つめは、多くの企業で喫緊の課題である業務効率化を実現し、“ルーティンからクリエイティブへの変革”をめざす「Work」。2つめは、時間や場所の制約から社員を解放し、“働きたいときに、働きたい場所で”を実現するための基盤づくり「Life」です。
この2つが整備されたうえで取り組むべきカテゴリーが、「Innovation」と「Healthcare」です。Innovation では、“新たな価値を生み出すのは人”のコンセプトのもと、社員一人ひとりに寄り添った人財マネジメントを可能にします。そしてHealthcare では、“笑顔が、組織を強くする”の考えに基づき、従業員が心身ともに健康で働けるしくみを整備します。

以上の4つのカテゴリーでソリューションを提供し、お客さまの課題を解決することで、「イキイキ社員」を増やし「生産性」を高めていけると考えています。
なぜ日立は、その4つのカテゴリーを見つけたのですか。
日立はグループ従業員約30万人を対象に、ワークスタイル変革のためのさまざまな施策を行い試行錯誤を重ねてきたことで、たくさんの知見を得ています。その結果、ワークスタイル変革を実現するためのアプローチとして、Work・Life・Innovation・Healthcare の4つが有効だということに気づいたのです。






関連リンク

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO