ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

AWS Summit Tokyo 2015
[製品説明編]

ITプラットフォーム製品は、お客さまのプライベートクラウドと日立が運用管理するマネージドクラウド、AWS などのパートナークラウドを適材適所に組み合わせ、シームレスに利用可能なフェデレーテッドクラウドでのAWS 活用例や、AWS を活用した新サービスをご紹介しました。

2015.6.2〜3 開催

[日時]2015年6月2日(火) 〜 6月3日(水)
[場所]グランドプリンスホテル新高輪
[イベント概要]
アマゾン データ サービス ジャパン株式会社主催のイベントです。 世界中をサーキットする「AWS Summit」は、AWS クラウドに関する様々な事例、最新技術、活用方法をご紹介する、AWS のクラウドカンファレンスです。 2日間で延べ10,000名を超える方にご来場いただきました。

AWS Summit Tokyo 2015 [製品説明編]

今回出展している製品を教えてください。
今回は「バッチソリューション on クラウド」「JP1の運用監視システム」2つを組み合わせた展示をしています。

各製品の特長と、組み合わせた時のメリットを教えてください。
「バッチソリューション on クラウド」は、分散バッチ処理基盤とクラウドを組み合わせたソリューションです。クラウドは、必要な時、必要なリソースを自由に確保出来る特長があります。また、分散バッチ処理基盤は、バッチ処理を分散して並列実行できる特長を持ってます。その二つの特長を組み合わせることによって、処理するデーター量の増減に応じて、AWSのオートスケール機能によりリソースを柔軟に増減させることができ、バッチ処理の高速化とコストの最適化を実現します。
あわせて、JP1の運用監視もAWSのオートスケール機能に対応し、リソースの増減を自動で監視することが可能になります。
JP1を使うと、他にどのようなメリットがありますか?
例えば、AWSでもCloudWatchという監視機能がありますが、AWS上のEC2(インスタンス)の単位しか監視できません。
JP1を使うとEC2上の業務プロセスも監視することができるので、さらに細かい障害対応が可能になります。また、JP1は製品のログだけではなくAWSのCloudWatchのログも一括して収集して管理出来るので、システムトータル的に監視が可能になります。
よろしければ、後でデモンストレーションをご紹介しますよ。
ぜひ、よろしくお願いします!
では、続いて日立ならではのポイントを教えてください。
バッチ処理を分散実行するオープンソフトでは、分散しているジョブ一つが障害やエラーになってしまうと、バッチ処理全体をやり直さなければならない場合があります。今回のソリューションは、エラーになったジョブだけを再実行すれば処理を完了することができる為、他のバッチ処理には影響をおよぼさず 時間短縮ができるという特長があります。それが一番の強いところです。
どの様なお客さまにお勧めしたいですか?
そうですね、
  • 日ごとに処理するデータ量が大きく変わり、バッチ処理が規定時間内に終わらない不安がある
  • バッチ専用サーバーは遊休時間が長く、無駄なコストがかかっているため、コストを削減したい
  • メインフレーム上で稼働するバッチ業務をオープンサーバー上に移行し、コストを低減したい
  • 基幹系システムのバッチ業務を高速化したい
というお客さまにおすすめしたいです。
ありがとうございました。
では、続けてデモンストレーションのご紹介をお願いします。

遼子が見た、会場の様子

会場はホテルの中ということもあり、あまり広くありませんでしたが、出展社数が多く、人で溢れかえっていました。 日立ブースは会場入り口からすぐの場所にあり、自然とお客さまが集まりやすい場所で、多くのお客さまが日立ブースにお立ち寄りくださいました。 そして、セミナーの間・講演終了後にも展示をまわる人が多く、活気のある感じがしました。 また、製品ロゴを使ったお菓子が会場の至る場所に置いてあり、宣伝効果が高いと思いました。

オススメ記事