ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

Hitachi Virtual Storage Platform ミッドレンジファミリーに関して、IDC Japan(株)によるデータ活用による新たな価値創出を支えるストレージとして利用した場合の効果や将来性について考察した
WHITE PAPAERです。

「Hitachi IoT Platform Magazineメール」読者さま限定 コンテンツ
WHITE PAPAER

「Hitachi IoT Platform Magazineメール」読者さま限定で本コンテンツの続きをPDF形式にてご覧いただけます。

−内容紹介(一部を抜粋)−

◆ストレージに求められる要件の変化
さまざまな情報を効果的にビジネスに活用して意思決定の迅速化を図る「新たな価値創出」を実現する基盤となることが求められるようになっている。・・・
◆躍進するミッドレンジ市場
国内市場において、システム価格500万円〜3,000万円未満にミッドレンジストレージ市場は最も成長しているセグメントである。・・・

  *
日立ID会員サービス、Hitachi IoT Platform Magazineメールに登録する必要があります。

オススメ記事