ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IoT Platform Magazine

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)は、営業店舗やコンタクトセンター向けに提供している「音声データ利活用ソリューション」のサービスメニューを拡充し、リアルタイムに顧客とオペレーターの通話内容をテキスト化し活用する「コンタクトセンター業務効率化支援サービス」を、3月24日から販売開始します。「音声データ利活用ソリューション」で従来提供している音声認識基盤「Speech Recognition Platform」を強化し、顧客とオペレーターの通話内容をリアルタイムにテキスト化するとともに、テキスト化した音声データをFAQ(*1)データベースやCRM(*2)システムなどとリアルタイムに連携し活用可能とすることで、業務効率やサービス品質の向上を支援します。

なお、音声認識基盤「Speech Recognition Platform」は、株式会社日立情報通信エンジニアリング(代表取締役社長:小菅 稔)と共同で開発しています。

*1
FAQ:Frequently Asked Questions。
*2
CRM:Customer Relationship Management。


図:新サービス「コンタクトセンター業務効率化支援サービス」の概要

*
API: Application Programming Interface。ソフトウェアの機能や管理するデータを、外部のソフトウェアから呼び出して利用するための手順やデータ形式を定めたもの。

「音声データ利活用ソリューション」に関するWebサイト

オススメ記事