ページの本文へ

Hitachi

Hitachi IT Platform Magazine

ストレージ管理者の国府津さん。ビッグデータを活用した新しいビジネスに向けて、最新のストレージシステムへのリプレースの推進を任される中、導入の検討に当たって、ストレージ管理者が陥りがちな‘データ移行の壁’に直面しているようだ。

国府津さん 今度のストレージのリプレース作業で思案中 課長と共に長江さん登場

国府津
これまでも何回かリプレースの経験はあるのですが、いつもこの導入期のデータ移行については悩みの種です。何か効率の良い方法はないものでしょうか。
長江
日立のストレージシステムをお使いいただくことで、お悩みを解決できるところがあるかもしれません。具体的には、どのようなことでお悩みでしょうか。
国府津
例えば、このような事項が気に掛かっています。
業務の停止時間
データのコピーに時間が掛かる一方で、長時間の停止には耐えられない。
移行対象の環境設定
移行先にどれだけの容量のボリュームがいくつ必要か、調査や判断が難しい。
管理者の手間や負荷
管理者自身での作業が難しい上、業務を停止するための内部調整の負荷も高い。
長江
確かにこれまでのような方法の場合、このような問題の発生は理解できます。
国府津
ということは、そうではないやり方があるということでしょうか。
長江
はい。日立のミッドレンジファミリー(VSP Gx00モデル)でしたら、上記のような問題は一挙に解決できます。

長江さん 日立のミッドレンジファミリー(VSP Gx00モデル)を提案