Hitachi

 
■Hitachi IoT Platform Magazine メール           2020.06.15 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テレワーク特設ページ公開!
/若手社員がやりがいを持っていきいきと働き、活躍できる職場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メールニュースは、本メールニュースを希望された方、もしくは当社からの
メール配信をご了承いただいている方にお送りしております。
----------------------------------------------------------------------
こんにちは。Hitachi IoT Platform Magazineメール担当の赤山です。
首都圏では「東京アラート」が解除され、人々の生活も少しずつ通常の生活へと
戻りはじめましたが、この数か月の間に、テレワークの拡大など、働き方が大きく
変わった方も多くいらっしゃると思います。
新型コロナウィルスとの共存を前提とした「ニューノーマル時代」を迎えた今、
急速に拡大するテレワーク導入時の重要なポイントを、これまでの自社での
経験をもとに今回ご紹介しています。ぜひご覧ください。

----------------------------------------------------------------------
 INDEX
----------------------------------------------------------------------
■TOPICS
----------------------------------------------------------------------
[1] 特設ページ公開! 長年の経験から日立が考えるテレワーク

[2] 【動画】若手社員がやりがいを持っていきいきと働き、活躍できる職場に。

[3] 【締切間近】テレワーク支援キャンペーン:無償で活文MIESを提供

[4] 【動画】わかりやすく解説 〜IoTデバイス管理の重要性とは?〜

[5] IoTサービスを提供する会社の「今」やるべきこととは?.
  増加するIoTデバイスの脆弱性や、サイバー攻撃などの脅威への対策!
----------------------------------------------------------------------
■イベント・セミナー

----------------------------------------------------------------------
■TOPICS

[1] 特設ページ公開! 長年の経験から日立が考えるテレワーク

新型コロナウイルスとの共存を前提とした“ニューノーマル“な時代を迎えた時、
テレワークも働き方の一つとして確実に定着していきます。その時、どのように
取り組んでいくべきでしょうか。
日立は15年前からテレワークに取り組んできました。
長年の経験から日立が考えるテレワークを進めるために重要なポイントや、
日立が取り組んできたテレワークの進め方、そして、テレワークの導入を支援する
ソリューションなど、さまざまな情報を提供していきます。
ぜひ、ご覧ください。

https://www.hitachi.co.jp/products/it/ws_sol/picup/telework/

《予告》 6月下旬 ブログ公開
コミュニケーション、情報共有、マネージメントをテーマに、
日立が在宅勤務中に行ったさまざまな工夫をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------

[2] 【動画】若手社員がやりがいを持っていきいきと働き、活躍できる職場に。

グローバルな競争力の強化に向けた人財マネジメントを構築するため
株式会社 日立物流では日立人財データ分析ソリューションを導入。
若手社員を中心とした配置配属の“フィット感”をデータで可視化し、
個人の意識に寄り添った人事施策の立案やキャリアプランをめざしています。

https://www.hitachi.co.jp/products/it/ws_sol/solution/hcm#pickup

----------------------------------------------------------------------

[3] 【締切間近】テレワーク支援キャンペーン:無償で活文MIESを提供

テレワークを支援するため、活文 Managed Information Exchange Service
(活文MIES)の「ベーシックプラン」を、新規のお客さまに限り2020年9月30日まで
無償で提供します。

<サービス概要>
インターネットにつながる端末(PC、スマートフォン、タブレット)があれば、
場所を選ばず、最新のファイル、メッセージをセキュアに共有できる
コミュニケーションSaaSです。数日で気軽に導入できます。

・無償提供プラン  ベーシックプラン
・無償提供の期間  2020年4月15日(水)〜9月30日(水)
・お申し込み期限   2020年6月30日(火)12時までにお申し込みいただいた方が
          対象となります。
・お申し込み方法  以下「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/it/harmonious_cloud/form.jsp

▼詳細はこちら
https://www.hitachi.co.jp/products/it/mies/

※無償提供の期間後、自動で有償版に切り替わることはありません。

本取り組みが、テレワークを導入されるお客さまのご支援になれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------

[4] 【動画】わかりやすく解説 〜IoTデバイス管理の重要性とは?〜

社会のいたるところで活躍しているIoTデバイス。
しかし健全な状態に維持・管理しなければ大切なデータの信頼性を失うかも
しれません。
日立の「JP1 for IoT」は安定稼働やセキュリティ対策を支援し、デバイスの
不具合によりデータが収集できない、サイバー攻撃によりデータが改ざんされる
などの課題を解決します。
IoTデバイス管理の重要性をシンプルに解説します。

https://www.hitachi.co.jp/jp1/product/jp1IoT/

----------------------------------------------------------------------

[5] IoTサービスを提供する会社の「今」やるべきこととは?
  増加するIoTデバイスの脆弱性や、サイバー攻撃などの脅威への対策!

IoTデバイスの普及に伴い、サイバー攻撃による被害が増加しています。
こうした背景を踏まえ、インターネットに直接つながるIoTデバイスに、
ソフトウェアの更新機能を備えるなどの新たな技術水準を盛り込んだ総務省の
関連省令の改正が2020年4月1日に施行され、IoTサービスを行う上での
セキュリティ対策はますます重要となっています。
これら継続的に取り組まなければならないセキュリティ対策に、IoTの運用管理を
最適化する「JP1 for IoT」を使用することで、セキュリティリスクを軽減できます。

https://www.hitachi.co.jp/jp1/product/jp1IoT/security/

----------------------------------------------------------------------
■イベント・セミナー
----------------------------------------------------------------------

◇近日開催のセミナー&イベントはこちらから
https://www.hitachi.co.jp/it-pf/sem/

----------------------------------------------------------------------

☆公式SNSで、最新情報をお届けします! 

▼日立IoTプラットフォーム公式 Facebook 
https://www.facebook.com/hitachi.itpf 

▼日立製作所公式 Twitter 
https://twitter.com/Hitachi_Japan 

----------------------------------------------------------------------
▽Webマガジン Hitachi IoT Platform Magazine 
https://www.hitachi.co.jp/it-pf/ 

▽Hitachi IoT Platform Magazine メール 
https://www.hitachi.co.jp/it-pf/mag/mail/ 

▽配信先変更はこちらからお手続きをお願いします。 

▽配信停止はこちらからお手続きをお願いします。 

・配信停止のご連絡をいただいた場合、メール停止処理が完了する前にメール 
 が届くことがございます。予めご了承ください。 
・本メール返信での配信停止のご連絡はお受けできませんのでご了承ください。 

▽商標について 
・記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。 

----------------------------------------------------------------------
Hitachi IoT Platform Magazine メール[No.146]/発行元 

株式会社 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 
経営企画本部 広報・プロモーションセンタ 
Hitachi IoT Platform Magazine メール 担当:西、川畑、花房、山崎 
E-mail:it-pf@itg.hitachi.co.jp 
----------------------------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright (c)2020, Hitachi,Ltd.