ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

利用例 適用事例 秘匿情報管理サービス 検索可能暗号化情報管理サービス
臨床情報の収集と活用
(患者レジストリ)
事例1 国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター

健康サービス提供 事例2 株式会社ファンケル・
株式会社ファンケル健康院

 
事例3 トヨタ自動車北海道株式会社
(従業員健康管理クラウドサービス)

 
事例4 日立グループ
(従業員健康管理クラウドサービス)

 
マイナンバー管理 事例5 マイナンバーソリューション  

地域包括連携    



●事例1 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター

匿名化情報管理サービス 検索可能暗号化情報管理サービス

患者数の少ない希少・難治性疾患において、全国の患者や医療機関から情報を収集する患者情報登録事業(患者レジストリ)に活用されています。
本事例では、各種指針に準拠した臨床情報管理基盤として臨床研究情報を柔軟に管理・運用でき、かつ機密情報としての患者情報のセキュリティ(漏えい/改ざんなどの対策)を確実に担保する患者登録システムを実現しました。

●事例2 株式会社ファンケル・株式会社ファンケル健康院

匿名化情報管理サービス

サプリメントや健康アドバイスのパーソナル化を実現し、顧客満足度を向上させるシステムであり、クラウドサービスによる導入・運用コストの削減と、個人情報を守り、安心してサービスを提供できる基盤を実現いたしました。

●事例3 トヨタ自動車北海道株式会社 (従業員健康管理クラウドサービス)

匿名化情報管理サービス

社内の健診情報の一元管理化、ITの活用による業務負担の軽減、匿名化による情報管理リスクの軽減、クラウドサービス化によるトータルコストの軽減を実現しました。

●事例4 日立グループ (従業員健康管理クラウドサービス)

匿名化情報管理サービス

社内の健診情報の一元管理化、ITの活用による業務負担の軽減、匿名化による情報管理リスクの軽減、クラウドサービス化によるトータルコストの軽減を実現しました。

企業グループ全体での導入のため、各社が個別に行っていた健診機関との契約や費用処理などを、日立健康保険組合が一括で行うことが可能となり、日立グループのより効率的な事業運営を実現。

●事例5 マイナンバーソリューション

匿名化情報管理サービス 検索可能暗号化情報管理サービス

マイナンバー情報を安全に保管。データセンター側が一切の保存情報を知りえることなく、漏えいのリスクを大幅に低減したマイナンバー管理システムの実現。