ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:秘匿情報管理サービス 匿名バンク

個人情報を取り扱う事業者に対し、機微な情報を活用したサービスを、安全・安心に行うための情報管理基盤を提供するサービスです。

このようなお悩みはありませんか?

個人情報を扱いたいが、安全に取り扱うにはどうしたらいいか。

image

安全・安心な情報管理サービス

  • 個人情報は、個人を特定できない状態にする「匿名化」と、検索可能暗号化技術による「秘匿化」により、安全・安心に管理できます。
  • 日立独自の匿名化技術や一定の法則を持たない暗号化技術により、各種ガイドラインへ対応可能です。

トータルコストを抑えたい。

image

クラウドサービスを活用し、トータルコストを低減

  • データ管理機能などの共通部分はクラウドサービスを活用するため、トータルコストを抑えることができます。
  • 初期開発では、運用に合わせた画面開発部分に集中できます。

実績(ユースケース)を活用したい。

image

様々な用途での活用実績

  • 患者情報の収集・活用から、健診結果の共有までヘルスケア分野での情報収集・活用の実績を持ちます。
  • ヘルスケア分野に限らず、マイナンバー・要配慮情報の管理や、多拠点連携、ポータルサイトなどのWebシステムなど、幅広い分野での活用実績があります。

匿名バンクとは

■匿名バンクは、「クラウドだからこそ安全」なソリューションを提供します。

ITインフラやサービスのクラウド移行が加速する中、企業や自治体、医療機関などには、お客さまや社員から預かった個人情報を不正アクセスや人為的ミスによる情報流出から守るという大きな社会的責任が課せられています。情報を安全に守りながら、価値の高いサービスを行っていかなければなりません。

匿名バンクは、匿名化(個人が特定できない状態にすること)や秘匿化により、クラウド上で個人情報をさまざまなサービスに活用できるようにします。 個人特定情報(氏名、マイナンバーなど)と、機微情報(医療情報、ライフログなど)を容易に紐づかない形でシステムを構築し、機微な情報の漏洩リスクを大幅に低減し、各種ガイドラインに対応できるようにします。

画像:秘匿情報管理サービス「匿名バンク」の概要



特徴や事例など、より詳細な情報につきましては以下のページをご覧ください。

画像:特徴

特徴

本サービスの特徴を詳しくご紹介します。

画像:事例・活用例

事例・活用例

用途に合わせたサービス使い分けの例や、実際の事例をご紹介します。

画像:技術紹介

技術紹介

日立ならではの独自技術についてご紹介します。

関連サービス

関連製品

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。