ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:病院情報みえる化ソリューション

経営データ、診療データなど病院内のデータを集めて一元管理し、医師、看護師、事務員といった担当者それぞれが活用できる「みえる化環境」をつくります。

概要

病院情報みえる化ソリューションは、「みえる化環境構築」「システム操作支援」「コンサルティングサービス」をトータルで提供するソリューションです。Dr.Sum EA、MotionBoard※を利用して、各種病院内データの一元管理・みえる化を実現します。
時代とともに成長できるシステムとして、「医療の質(QI)向上」「経営の質向上」といった観点から、お客さまの発展を支援します。

Dr.Sum EA、MotionBoardは、ウイングアーク1st社の登録商標です。

特長

(1)柔軟な仕組み

明細データに対し動的にリクエストを実行できるので、医療環境や時代の変化に即した柔軟な集計・分析が可能です。

(2)簡単な操作

プログラミングの専門知識がなくても、ドラッグ&ドロップ、クリックといったマウス操作で簡単に病院内のデータの参照やレポート作成が可能です。現場レベルの担当者が簡単にデータ活用できます。

(3)データ統合基盤

メーカを問わず、病院内のさまざまなシステムからデータを収集し統合できます。ODBC※、JDBC接続されたデータベースのデータだけでなく、CSVファイル、Excelファイルのデータも、みえる化環境に取り込むことで一元管理が可能です。接続確認済みデータソースについては、ご確認ください。

Open DataBase Connectivity

(4)院内全体で展開可能

クライアントフリーライセンスなので、他部門での利用者が増えても、追加のライセンス費用を気にせずに利用可能です。経営データは部門長以上、診療データは医師と看護師のみ、といったように、項目単位で業務ごとに権限設定できるので、利用範囲が拡大しても、安全にデータ活用できます。

活用イメージ

(1)患者の所在分布、紹介・逆紹介情報を地図でみえる化

画像:地図のエリア分け

エリアを色分けすることで、来院患者の多い地域、少ない地域が一目でわかります。
来院患者が少ない地域に対しては、クリニックとの連携を強化するなど、施策の考案に活用できます。

画像:地図の詳細と分布

詳細な位置にデータをプロットすることで、巡回バス経路の見直し材料などにも活用できます。
地図データは標準で付属しているので、別途購入いただく必要はありません。

(2)外部データ連携で、院内の傾向をみえる化

画像:グラフの重ね合わせ

医事データと天気データを重ね合わせて表現することにより、患者数増減の要因を新たな角度から分析できます。
厚生労働省や地域の医師会など、院外から収集可能な第三者データもみえる化環境に取り込み、院内データと併せて活用できます。

(3)利用しているExcelファイルをみえる化

画像:地図のエリア分け

Excelファイルも、ノンプログラミングで取込が可能です。日常の業務で各職員が利用しているExcelデータをみえる化し、集計・分析に活用できます。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。